大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 慶雲寺裏古墳 (けいうんじうら)

<<   作成日時 : 2009/05/21 13:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
★ 所在地:桜井市箸中★墳丘:円墳と思われる。南面に開口。
★石室:両袖式横穴式(長さ3m、幅1.8m、高さ2m)羨道部は殆ど破壊されている。
★棺:不明
★出土遺物:不明
★築造年代:古墳時代後期?
★発掘調査:未
★被葬者:不明
画像画像

画像画像
            
見学記おすすめ度   
ホケノ山古墳のそばの慶運寺というお寺の本堂の裏にある小型の後期古墳です。(若干場所が判り難いかもしれません。下の添付写真を参考に本堂の建物沿いの細い道を右に回ると直ぐ古墳が見えます。石室は開口して中に入れますが特に目立った特長はありません。たまたま、お寺の境内という事で破壊されずに今日まであるのかもしれません。それでも羨道部は殆ど無く墳頂上には天井石と思われる石材が一部露出し墳丘もかなり変形しているようです。説明板によればこの慶運寺周辺には6基の古墳があったようでその中のひとつのものと思われる石棺仏が慶運寺境内にあるので写真をアップしておきます。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
桜井の横穴式石室という題の本で、昭和62年に出されていましたが、平成元年に改めて再販されて、桜井市の埋文で売っていました。
先々週辺り埋文に行きましたが、売っていなかったような雰囲気で、売り切れてしまったんか?という感じでした。
40頁くらいの小冊子ですが,市内の主要な古墳の紹介ですが、但し横穴式石室を持って確認されている古墳だけなので、少々消化不良気味なところはありますが、持っていて損はないと思います。
私自身も、この本で立子塚の存在を知ったほどですから。
余談ですが、慶雲寺裏古墳に以前行った時に、住職からお寺の裏にあるもう一つの無名古墳に連れて行ってもらった記憶があります。
古跡人
2009/05/21 20:34
古跡人さん
有難うございます!!今度、埋文Cに行ったとき確認してみます。余談ですが半年前に埋文Cに行ったとき、多分受付の職員さんが昼休みかでおられないとき今や纒向の顔になりつつある橋本輝彦さんが変わりに受付におられて・・その時立子塚の場所とか聞いたのですが親切に教えてくださいました。いい人ですね。

慶雲寺裏古墳とあとひとつは確か少し上にある円墳じゃなかったですかね。現在人のお墓と共用になってたかな?  名前は確か「慶雲寺裏円墳」と思うのですが・・

とし坊
2009/05/21 21:40
他で、慶雲寺古墳にも阿蘇ピンク石舟形棺がある、とありました。写真の石棺仏がそうなのでしょうか?赤い色なので。
玉緒
2010/09/07 15:14
そうです。この石棺仏がピンク石です。どの古墳のものであったかは
不明です。それと慶雲寺古墳という古墳は無いと思います。慶雲寺と名が
つく古墳は慶雲寺裏古墳と慶雲寺裏円墳だけと思います。
とし坊
2010/09/09 10:49
正しく教えていただき、ありがとうございました。
色が綺麗ですね。ピンク石・・インパクトのある命名です。
私は朱か茜色の感じに近いように思いますが。
玉緒
2010/09/09 13:37
玉緒さん

ピンク石の色は過去の環境(保存状況)でかなり違うようです。特に雨ざらしのピンク石は
色が薄いように感じます。(僕だけかも知れませんが・・)確かにピンクより朱色に近いかも知れません。
とし坊
2010/09/12 18:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
慶雲寺裏古墳 (けいうんじうら) 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる