大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 野々熊古墳 (ののくま)

<<   作成日時 : 2015/02/09 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★所在地:下市町阿知賀字野々熊
★墳丘:吉野川を望む山塊の北斜面に派生した尾根の突端に位置する。大規模な屋敷地の造成で墳丘上面が完全に削平されている。吉野川上流域の東限に存在する古墳である。南に開口。
★石室:吉野川流域の緑泥片岩を使った両袖式横穴式石室。玄室から羨道部にかけては一面に玉砂利が敷き詰められている。 (全長7.38m、玄室長3.15m、幅1.9m、高さ2.33m、羨道長4.23m、幅1.15〜1.32m)高さ1.54m
画像

★棺:不明(木棺か?)
★出土遺物:徹底的に盗掘を受け床面付近から若干量の須恵器片、瓦片が出土したのみ
画像

★築造年代:6世紀末〜7世紀初頭
★発掘調査:2001年2月〜3月 橿原考古学研究所
★下市町指定史跡

画像画像
写真は2015年2月に開催された「しもいち・おおよど古代史展」の展示写真より            

【特徴】
石室構造が奈良盆地内で見られる「畿内型」と紀ノ川下流域で見られる「岩橋・いわせ」型、双方の特徴を持つ珍しい折衷型の古墳である。

見学記
現在石室は地下収蔵庫のような感じで蓋が施錠され残念ながら見ることができません。墳丘の残土状のものが、わずかに古墳としての名残をとどめていますが看板がなければ気が付かないかと思います。(確認しましたが残土は元々の墳丘のものではないようです)1955年頃下市町史編さんに伴い郷土史家の菊田仁郎氏の努力で古墳の存在が明らかになり当初阿知賀古墳と呼ばれていましたが、その後同じ地域で岡峯古墳が見つかり2001年の調査を機に小字から野々熊古墳と命名されました。こういう状態なので見応えはありませんが周辺の岡峯古墳や吉野川対岸の槇ヶ峯古墳等も巡りながらこの地域の古墳文化に思いをめぐらすのもいいかと思います。でも、できれば、折角発掘調査もされ、吉野川流域の古代文化を語る上で欠かせない素晴らしい古墳ですので、年に1回でも町民や古代史を愛する人に扉からせめて覗くだけでも限定公開することで遺跡保護や郷土愛も深まるのではと思いました。

【参考資料】
・奈良県遺跡地図 第3分冊 奈良県教育委員会
・下市町 野々熊古墳 報道発表資料  橿原考古学研究所

地図はおよその位置です

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野々熊古墳 (ののくま) 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる