アクセスカウンタ

大和の古墳探索

プロフィール

ブログ名
大和の古墳探索
ブログ紹介
奈良県内の古墳巡りで撮った写真を中心にいろんな古墳を順次、紹介して参ります。
古墳好きの皆さんの古墳探索の参考になれば嬉しいです
.(本文中の写真はクリックすれば拡大します。)

大和さくらい100選をゆく http://narasakurai.jimdo.com/
忍坂街道 http://ossaka.jimdo.com/
も宜しければどうぞ!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
小川塚西古墳
小川塚西古墳 ★ 所在地:桜井市箸中 ★墳丘:この小川塚西古墳は古くから古墳として認識され「大和古墳墓取調書」(1893年)では高三間、根廻六十八間で絵図は2段で描かれている。2012年,桜井市教育委員会で測量調査が行われ、東西38m、南北33m、比高差5.4mと報告されているが、測量調査だけでは墳形を確定できなかった。(この測量調査に先立ち天理大学歴史研究会でも2002〜2003年頃、測量調査と電気探査がおこなわれ、電気探査では周構を捉えており、一辺41mの方墳に幅9〜12mの周講を持つ古墳ではないかとの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/17 09:43
豊田トンド山古墳
豊田トンド山古墳 ★所在地:天理市豊田町 ★墳丘:天理市豊田町の集落北側の布留川の形成した扇状地・段丘を見下ろす丘陵の頂上部(114m)に築造されたいわゆる山寄せの古墳です。墳丘は未確定ですが、直径30m程度の円墳と思われる。 ★石室:両袖式横穴式石室で天井石と側壁の一部は失われていた。石室の規模は全長約9.4mで玄室長約4.9m、幅(奥壁部)約2m、羨道部は長さ約4.5m、幅(玄門部)約1.7m。床面には長形30cm程度の床石を敷き詰めています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/28 21:19
小谷5号墳
小谷5号墳 ★ 所在地:高市郡高取町佐田 ★墳丘:移築古墳で元々、この古墳の前にある県立高取国際高校の体育館付近の尾根にあった。 墳丘は径15mの円墳で3.5mの周濠を持つ。 ★埋葬施設:両袖式の横穴式石室で玄室長約2.8m、幅約1.79m、羨道部は約4.6m。 ★遺物:須恵器、土師器 ★築造年代:石室の構造や須恵器、土師器から7世紀代と思われる ★調査:1983年校舎の造営に伴い調査された。 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/10 16:18
越部古墳 (こしべ)
越部古墳 (こしべ) ★所在地:吉野郡大淀町越部 1号墳 ★墳丘:推定径約24m、高さ5.6mの円墳      ★石室:片袖式横穴式石室。全長8.3m、玄室長3.6m、奥壁幅約1.9m、現存の高さ約1.5m。玄門部に吉野川流域の古墳の特徴である縦長の袖石が用いられている。                    ★棺:不明 ★出土遺物:金銅性製単鳳環頭太刀柄頭、馬具、須恵器、土師器、平安時代中期(10世紀後半)の「堂」と書かれた墨書土器                    ★築造年代:6世紀後半〜7世... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/21 10:52
伊丹宮古墳(仮称) (いたみみや)
伊丹宮古墳(仮称) (いたみみや) ★ 所在地:桜井市浅古宇伊丹宮 ★墳丘:南に向かって伸びた尾根の端部の西斜面にある。南半が破壊された径約20mの円墳、高さ約5m。南に向かって開口している。 ★埋葬施設:両袖式の横穴式石室。玄室長約3.7m、幅約2m、現高約2.5m、羨道部は約1mの長さが残る。 ★遺物:不明 ★築造年代:石室の構造から7世紀初頭と思われる ★調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/17 16:09
槇ヶ峯古墳 (まきがみね) 更新版
槇ヶ峯古墳 (まきがみね) 更新版 ★所在地:吉野郡大淀町新野 ★墳丘:標高200mの丘陵上にきずかれた円墳(径約11m、高さ約2.6m以上) 葺石と思われる河原石が散在している。      ★石室:岩橋型横穴式石室(復元全長5.5m以上、玄室長2.2m以上、幅1.64m、高さ1.61m、羨道長3.3m以上)南西に開口。緑泥片岩の割石を小口積みにして構築 ★棺:近年石室内から組合せ式石棺の一部が見つかっている ★出土遺物:須恵器片 ★築造年代:7世紀前半  ★調査:1977(簡易測量調査・橿原考古学研究所)、201... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/12 06:22
野々熊古墳 (ののくま)
野々熊古墳 (ののくま) ★所在地:下市町阿知賀字野々熊 ★墳丘:吉野川を望む山塊の北斜面に派生した尾根の突端に位置する。大規模な屋敷地の造成で墳丘上面が完全に削平されている。吉野川上流域の東限に存在する古墳である。南に開口。 ★石室:吉野川流域の緑泥片岩を使った両袖式横穴式石室。玄室から羨道部にかけては一面に玉砂利が敷き詰められている。 (全長7.38m、玄室長3.15m、幅1.9m、高さ2.33m、羨道長4.23m、幅1.15〜1.32m)高さ1.54m ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/09 11:08
小山田遺跡 (こやまだ)
小山田遺跡 (こやまだ) 2015.1.15の新聞発表で奈良県明日香村の小山田遺跡から未知の石張りの巨大な掘割が発見された。一辺50m以上の方墳の周濠の一部と考えられ橿原考古学研究所によると「榛原石」で墳丘を覆う古墳は、時代としては7世紀中頃に限定され、この時期に蘇我馬子の墓とされる石舞台古墳(一辺約50m)を上回る規模の墓をつくれる人物としては舒明天皇(641年没)が考えられる。 舒明天皇は日本書記に埋葬地は滑谷岡に葬られ、後に押坂(今の桜井市忍阪)に改葬されたと記載されており、今まで不明であった初葬墓がこの古墳であ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/18 14:36
都塚古墳 更新版 (みやこづか)
都塚古墳 更新版 (みやこづか) ★所在地:高市郡明日香村坂田小字ミヤコ938番地 ★墳丘:南北に伸びる尾根の先端の傾斜地に位置し従来は一辺約28m、高さ約4.7mの方墳の可能性が強いとされてきたが2014年の発掘調査の結果、墳丘の東側で石積の階段が1段と上部の4段が確認され未調査分に更に数段あると見られ全体では7〜8段ピラミッド状の階段を持つ大型方墳に復元されるという。復元長は東西約41m、南北約42m、高さは4.5m以上、西側の見かけの高さは7m以上に復元され墳丘北側の裾には幅1〜1.5m、深さ約0.4mの周濠があり、北... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/01/05 11:35
段ノ塚古墳・舒明天皇陵  更新版
段ノ塚古墳・舒明天皇陵  更新版 ★ 所在地:桜井市大字忍阪字段ノ塚  ★墳丘:上八角下方墳(外鎌山から南西に伸びる丘陵の南斜面の先端に立地。現在前方後円形に生垣がめぐっている(南北80m、東西110m)測量図によると3段築成の方形壇の上に2段築成の八角墳が築かれている。 ★埋葬施設:文久年間(1861〜64年)の「山陵考」によると南面が崩壊し石室が露出したとあり奥の石棺(舒明天皇?)は横に、前の石棺(田村皇女?)は縦のT字型であったと伝えている。石室は全長20mを超える超大型の横穴式石室と思われる。 ★出土遺... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/09/30 09:34
鏡王女墓(かがみのおおきみ)  更新版
鏡王女墓(かがみのおおきみ)  更新版 ★ 所在地:桜井市忍阪字女塚 ★墳丘:外鎌山の南緩斜面上にある15〜20mの南面する円墳。(上円下方墳との説もある。) ★埋葬施設:不明(横穴式石室??) ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:額田王の姉で天智天皇の妃、中臣鎌足(藤原鎌足)の室で万葉歌人の鏡王女(天武12年・683年没)の押坂墓とされている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/09/27 05:09
忍坂古墳群 (おっさか) 更新版
忍坂古墳群 (おっさか)  更新版 わが国初の六角石室で知られる忍坂8号墳のある忍坂古墳群【はじめに】 忍坂古墳群は正確には外鎌山北麓古墳群忍坂支群の事で近鉄朝倉駅東南にある外鎌山(とがまやま)の北から西にかけての斜面に位置する約100基ほどの古墳群で,団地造成に伴い52箇所(内遺跡35箇所)調査された。 古墳群は竜谷・慈恩寺・忍阪の三支群に分かれ忍阪支群(忍坂古墳群)は西端に位置し,ほぼ西にのびる尾根上および南斜面に築かれ10基が調査されている。1〜3号墳(円墳で横穴式石室)4号墳(円墳で木棺直葬)5号墳(長方形墳で壺棺)6号... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/25 09:45
桜井茶臼山古墳 さくらいちゃうすやま) 国史跡  更新版
桜井茶臼山古墳 さくらいちゃうすやま) 国史跡  更新版 大王墓か?!我が国初の石室囲む「丸太垣」 【はじめに】 大和政権初期の大王(おおきみ)の墓の可能性がある桜井茶臼山古墳は1949 年〜50 年の第1・2次調査で、後円部墳頂の竪穴式石室が調査され赤色顔料が一面に塗られた石室から、玉杖や鏡片など多数の副葬品が見つかった。また2009年の再調査では古墳の後円部の頂上にある方形壇を掘り埋葬施設との関係を調査した結果、石室の周囲に並べられた二重口縁壺の更に外側で方形壇の裾を囲む「丸太垣」という全国で初の事例となる方形壇を取り囲む巨大な「丸太垣」の一... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/09/22 07:33
戸垣山古墳 (とがきやま)
戸垣山古墳 (とがきやま) ★所在地:斑鳩町竜田 ★墳丘:方墳(東西約20m、南北約21m、高さは東側で3.6m、西側で3.1m)測量調査の前は径20mの円墳とされていたが調査の結果一辺20mの方墳であることが確認された。外見上、葺石や埴輪は認められていない。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:時代を示す資料は発見されてないが、周辺の畑地でサヌカイト片、須恵器辺、土師器片などが多数散布しており、この中から6世紀中頃の須恵器も見られることから、その可能性もあるが他地域の各時期の方形墳の墳形の比較より... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/30 09:46
茅原大墓古墳 (ちはらおおはか) 国史跡  【更新版】 
茅原大墓古墳 (ちはらおおはか) 国史跡  【更新版】  ★所在地:桜井市茅原  ★墳丘:帆立貝式前方後円墳(寸法は復元長)全長約86m、後円部径約72m、高さ約9m、前方部長さ約15m、高さ約1m。埴輪及び葺石あり。前方部を北に向け周濠の痕跡と見られる池(小池と丸池の一部)あり ★埋葬施設:従来不明とされてきたが2013年12月に墳丘の地中物理探査が行われた結果、埋葬施設は「粘土槨」の可能性があり、しかも盗掘の形跡もなく良好な形で残っていると考えられると新聞発表あり(2014.6.27付) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/27 20:23
慶運寺裏円墳 (けいうんじうらえんぷん)
慶運寺裏円墳 (けいうんじうらえんぷん) ★所在地:桜井市箸中宇北垣内 ★墳丘:円墳(径約12m、現状高さ3m前後) ★埋葬施設:横穴式石室と思われる ★出土遺物:不明(奈良県遺跡地図に遺物として縄文、石器、サヌカイト、骨蔵器が出土したかのように記載されているが、おかしいので大三輪町史を調べてみると「このあたりには、中世の骨壺や縄文式土器、石器、サヌカイトなどが散乱している」とあり、この古墳から出土したというわけではなさそうだ。 ★築造年代:後期以降の古墳と思われる。 ★発掘調査:未調査 ★被葬者:?           ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/13 13:10
斑鳩大塚古墳  (いかるがおおつか)
斑鳩大塚古墳  (いかるがおおつか) 2013年11月の地中レーダー探査で周濠の存在や東部に前方部を持つ前方後円墳にお可能性が浮上し斑鳩町と奈良大学が協力して2014年3月初めから墳形や周濠の有無を確認の為、試掘した結果、墳丘北側で幅8m以上、深さ0.7mの溝が発見され溝から多量の円筒埴輪片、形象埴輪片が出土した。現地説明会も開かれる予定であったが荒天の為、中止となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/06 09:31
梶山古墳群 (かじやま) 改訂版
梶山古墳群 (かじやま) 改訂版 ★ 所在地:桜井市倉橋宇梶山 ★概要 奈良県の溜池で最大の大きさを誇る桜井市の倉橋の溜池は昭和21年に粟原川の支流をせき止めて作られたが梶山古墳群(43基)の多くも水没や破壊の運命にあり戦後間もない.1946年に末永雅雄博士の指導でこのうち3基だけが調査された。ただし戦後まもなくの調査で大変な調査だったようである。調査報告書は出ていないが調査担当の島田暁氏の「梶山古墳調査の記」を見る機会があったのでポイント部分だけ転記する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/29 19:26
ヒエ塚古墳  (ひえづか) 【更新版】
ヒエ塚古墳  (ひえづか) 【更新版】 現地説明会の情報更新 ★所在地:天理市萱生町ヒエ塚 ★墳丘:竜王山から西に延びる尾根上に立地する前方後円墳。前方部を西に向ける。(全長約130m、後円部径約60m、 高さ約10m、前方部幅約55m、高さ約7m)後円部3段、前方部2段築成。葺石あり。周濠状落込あり。 ★埋葬施設:不明(未調査) ★出土遺物:2002年の墳丘北側外堤の発掘調査で土師器壺、甕(かめ)、高杯の完形品や破片。2014年の調査時にも庄内式を含む古墳時代初期〜後期までの土器片が見つかっている。(説明板によると明治時代に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/13 08:24
久渡2号墳 (くど)
久渡2号墳 (くど) 石室の床全面に凝灰岩片を敷き詰めた久渡2号墳 ★所在地:北葛城郡上牧町 ★墳丘:径約16m、現高約3mの円墳。東西幅30mの周溝あり ★石室:南側に開口した両袖式横穴式(全長約9m)石材は輝石安山岩の自然石。玄室長4.0m、幅1.9m, 羨道長約5m ★棺:不明(木棺の可能性が高い) ★出土遺物:刀、刀子、刀装具の破片、琥珀の棗玉、鉄釘、須恵器、土師器、平瓦   ★築造年代:7世紀中頃 ★発掘調査:2014年 ★被葬者:不明 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/20 22:58
美努岡萬墓 (みぬのおかまろ)
美努岡萬墓 (みぬのおかまろ) ★所在地:生駒市萩原町字竜王 ★発見された経緯 : 地元の青年萩本忠平氏が明治5年(1872年)自宅のかまどの塗土を採取中に墓誌を掘り当てたらしい。 ★埋葬施設:火葬墓(1958年の調査で判明) この場所はもともと「竜王塚」と呼ばれる高さ約60cmの小さな高まりを持った場所で墓誌が発見された地点は墳丘のほぼ底にあたり東西にほぼ水平に埋められていたようである。 ★出土遺物:墓誌のほかには遺物は見つかっていない。墓誌は縦30cm、横21cm、厚さ3ミリの矩形の銅製で墓誌の表面に縦十条、横十六... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/02/01 10:23
今泉古墳 (いまいずみ)
今泉古墳 (いまいずみ) ★所在地:香芝市今泉字雲門寺・白井 ★墳丘:円墳、径約10m、高さ約3m。 ★埋葬施設:両袖式横穴式石室で南東に開口し前面に羨道部の天井石と思われる巨石が崩落している。全長は約6.2mで羨道部が約2.3m、玄室は長さ約3.9m、高さは約2m、幅は奥壁付近で1.9m、玄室中央部で約2.3mと真ん中が若干膨らんだ弱い胴張り状の石室である。石材は乱石積みで天井部以外は比較的小形の石材が用いられている。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀中頃 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/11 23:06
谷首古墳(たにくび)  県史跡 
谷首古墳(たにくび)  県史跡  ★所在地:桜井市阿部字谷汲 ★墳丘:方墳(一辺約40m、高さ8.2m)現状は南北41m、東西38mで南に開口。葺石、埴輪はなし。墳頂に八幡神社の社殿がある為、西側はかなり変形している      ★石室:両袖式横穴式(全長13.8m)玄室長6m、幅2.8m、高さ4m、羨道長7.8m、玄門部での幅約1.7m、高さ約1.74m。奥壁は1石の2段積み、両側壁は3段で下から各段3石、3石、2石を積み羨道部は1石の1段である。 ★棺:石室内より凝灰岩の破片出土した事より、かって家型石棺が存在した... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/12 08:36
越塚古墳(こしずか)  県史跡
越塚古墳(こしずか)  県史跡 ★所在地:桜井市大字粟原字越塚   ★墳丘:円墳(径約40m、高さ約6m)南西に開口。2段築成。埴輪、茸石はなし ★石室:両袖式横穴式(全長15.4m)玄室長5.2m、幅2.5m、高さ3.8m、羨道長10.2m、幅1.7m、高さ約1.9m ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/04 16:05
文祢麻呂墓 (ふみのねまろ)  国史跡
文祢麻呂墓 (ふみのねまろ)  国史跡 ★所在地:宇陀市榛原 八滝 ★発見の経緯 : 墓誌が発見された時の状況は当時の奈良奉行所の届書に詳しいが、それによると1831年(天保2年)墓の西側に住んでいた常七さんという人が畑を耕している時、クワの先に銅箱を引っ掛け中に位牌(墓誌)が見つかり更に右側を掘った所、炭の間から金メッキの施された金銅製壺型外容器が見つかり、その中からガラス製骨蔵器(ガラス壷)が発見された。骨はガラス壷に石灰のようにこびりついているだけだったようである。遺物は近くの龍泉寺観音堂に安置されていたが1878年帝室博物館... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/29 15:02
秋殿南古墳  (あきどのみなみ)
秋殿南古墳  (あきどのみなみ) ☆☆動画をアップしました☆☆ ★所在地:桜井市浅古字秋殿 ★墳丘:鳥見山南麓に派生する一尾根の先端部の南西斜面に築かれた方墳(一辺約24m、高さ約5m) ★石室:玄室の石積みは2段積み、羨道は1段積みで南に開口する両袖式横穴式,(全長11.2m) 玄室長4.5m、幅2.3m、高2.4m、 羨道幅1.7m、高1.4m ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀前半 ★発掘調査:測量調査のみ ★被葬者:? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/02 10:20
赤坂天王山古墳(あかさかてんのうざん) 国史跡
赤坂天王山古墳(あかさかてんのうざん) 国史跡 ☆動画追加しました☆ ★所在地:桜井市倉橋字赤坂 ★墳丘:方墳(1辺約50m、,高さ9m)3段築成。南南東に開口している。 ★石室:両袖式横穴式(全長15.2m)玄室長6.5m、幅3.1m、高4.2m, 羨道長8.7m、幅1.7m、高2m。玄室各壁は3段積み天井部は3石で構築され玄室の壁は全て持送されている。 ★棺:二上山白石製凝灰岩,刳抜式家型石棺で6個の縄掛突起を持つ。長さ2.4m、幅1.7m、高さ1.2m ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀末〜7世紀初め(石室の構造より) ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/06 16:12
キトラ古墳  (きとら) 国特別史跡 【更新版】
キトラ古墳  (きとら) 国特別史跡 【更新版】 ★所在地:高市郡明日香村阿部山 ★墳丘:南東から北西に伸びる尾根の南斜面に築かれた円墳(径13.8m、高さ3.3m)2段築成で版築工法で造られている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/19 11:13
メスリ山古墳 (めすりやま) 国史跡 【更新版】
メスリ山古墳 (めすりやま) 国史跡 【更新版】 我が国、最大の巨大埴輪の出土で知られるメスり山古墳★ 所在地:桜井市大字高田小字メスリ他。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/16 08:52
西殿塚古墳 (にしとのづか) 衾田陵 【更新版】
西殿塚古墳 (にしとのづか) 衾田陵 【更新版】 ★所在地:天理市萱生町 ★墳丘:前方後円墳(全長約230m、後円部径140m、高さ約16m、前方部幅130m、高さ約12m。前方部が後円部に比べ4m低く先端がバチ形に開く箸墓古墳に似た形状で前方部を南に向ける。段築は2012年に行われた3次元航空レーザー計測で前方部、後円部ともに4段(西側の張り出しを含めると5段)築成と判明した。又、この時の計測で後円部上段に円形に巡る高まりと前方部から後円部に上がる通路の中央に窪みがある事が判明したが時期、性格は不明。埴輪、葺石あり。 ★埋葬施設:後... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/02 16:03
塚穴山古墳  (つかあなやま) 【更新版】
塚穴山古墳  (つかあなやま) 【更新版】 ★所在地:天理市匂田町塚穴山     ★墳丘:調査前までは前方後円墳と思われていたが調査の結果円墳(径約63.4m)と判明。高さは現状で約6m。周濠あり(幅、約15m) 下図及び発掘調査の写真は2013.2.23 物部氏の巨大古墳 塚穴山古墳」講演会資料より              ★石室:両袖式横穴式(全長17m)玄室長7m、幅2.9m、高3.5m以上、羨道部長約9.5m、幅約2.6m。南に開口。 ★棺:不明 ★出土遺物:須恵器片(他は殆ど中世の遺物) ★築造年代... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/07/31 08:17
エンドウ山古墳  (えんどうやま)【更新版】
エンドウ山古墳  (えんどうやま)【更新版】 ★所在地:桜井市倉橋字吉ヶ谷 ★墳丘:赤坂天王山古墳の西南方、南東に向かって突出する標高160m前後の尾根上に造られた円墳(径10m前後、高さ約2.5m)南に開口 ★埋葬施設:花崗岩切石の両袖式横穴式石室(全長4.67m、羨道部長さ1.8m、幅1.05m、高さ1.2m、玄室部長さ2.72m、幅約1.6m、高さ約1.65m)玄室部は2段積みで天井部は2石で構成され石材の隙間に漆喰あり。羨道部は1段積みで天井石は現況1石であるが開口部付近に落下している石材を含め2石あったと思われる。森浩一氏は「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/29 21:32
こうぜ古墳1号墳(西石室) 【更新版】
こうぜ古墳1号墳(西石室) 【更新版】 ★所在地:桜井市浅古字こうぜ ★墳丘:前方後円墳?前方後円墳の場合全長50m、南西に開口。          「桜井の横穴式石室を訪ねて」より ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/25 19:57
こうぜ古墳1号墳(東石室) 【更新版】
こうぜ古墳1号墳(東石室) 【更新版】 ★所在地:桜井市浅古字こうぜ ★墳丘:前方後円墳?(前方後円墳の場合、全長は50mとなり東石室は前方部に位置する)南東に開口。 (桜井の横穴式石室より) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/24 06:39
向坊1号墳  (むかいぼう1ごう)
向坊1号墳  (むかいぼう1ごう) ★所在地:宇陀市室生 ★墳丘:円墳(径約10m)で南に開口。      ★石室:横穴式。後世の開墾で多くの石材が抜かれ今は玄室部の一部が残存している。元々全長は5m程度あったようである。(石室に向かって左側に側壁の下部に詰めた小石が残っていたことより) 現況は石室の長さが約2.5m、幅が約1.9m、高さ1.7mで残存している奥壁、側壁とも下段に巨石を据え上段に小型の石材を1〜2段積んでいる持送りは殆ど見られない。羨道部は現況からは、あったのかどうかは不明である。 ★棺:不明。 ★... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/24 06:05
コロコロ山古墳  (ころころやま)【更新版】
コロコロ山古墳  (ころころやま)【更新版】 ★所在地:桜井市阿部字児石 ★墳丘:方墳(1辺約30m)で墳丘の中央にある横穴式の主体部の他、東側にも小規模な横穴式石室を持つ。        ★石室:(中央石室)両袖式横穴式石室(全長11m)玄室長5.35m、幅2.3m〜2.5m、羨道長5.65m、幅1.45〜1.8mで玄室部の床面は2層見られ追葬が行われた事がわかる。( 初葬時は扁平な石材の敷石が施されていた)又羨道部分には素掘りの排水口が設けられ羨道には礫積みの閉塞石も確認されている。 (東石室)無袖式横穴式石室。(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/22 11:15
兜塚古墳  (かぶとづか) 【更新版】
兜塚古墳  (かぶとづか) 【更新版】 数少ない阿蘇ピンク石石棺の兜塚古墳 ★所在地:桜井市浅古兜塚 ★墳丘:北西の方向にのびる丘陵の先端部に築かれた前方後円墳で前方部を西に向ける。(全長50m)後円部径28m、前方部幅25m。茸石らしい小礫や円筒埴輪の破片あり。 ★石室:後円部頂中央より東に偏った場所にある。小型の河原石を用いた一種の磚積状。推定石室規模は長さ約3.7m、幅1.4m、床面に粘土を敷きつめ、その上に石棺を安置。 ★棺:刳抜式家型石棺(阿蘇ピンク石)石棺は長さ約2.1m、幅、高さともに約1m。石棺は、カマボコ形に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/02 21:27
徳利塚古墳 (とっくりづか) 【更新版】
徳利塚古墳 (とっくりづか) 【更新版】 石棺石材は片麻状黒雲母花崗岩という珍しい石材の徳利塚古墳★所在地:桜井市高田 ★墳丘:円墳又は方墳(南北15〜20m、東西6m)         ★石室:南に開口する両袖式横穴式(全長6m)玄室長3.7m、幅1.9m、高さ2.2m、羨道検出長2.3m、幅1.5m、高さ1.8mで玄室部が2段積み、羨道部が1段積みで新しい要素が伺える。 ★棺:近江系花崗岩の刳抜式石棺(全長2.5m、幅1.34m、高さ1.15mの身の部分のみ残存)で石室規模に比べて大きな石棺と言えよう。  ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/27 17:40
中尾山古墳  (なかおやま)国史跡 【更新版】
中尾山古墳  (なかおやま)国史跡 【更新版】 【更新版】真の「文武天皇陵」の可能性が高い〜中尾山古墳〜 ★所在地:高市郡明日香村平田 ★墳丘:八角形墳、対角長19.4m(墳丘裾の平坦面を含めると約30m)高さ約4m、2段目までは確認されているが各段の傾斜角及び盛土の残存状況から少なくとも3段以上の段築が存在すると考えられ以前に墳丘の東側で発見されている沓形石造物の存在から墳丘上に何らかの装飾が施されていた可能性もある。この古墳は古来、地元では「中尾石墓」と呼ばれ元々墳丘全面が石で覆われ墳丘外周にも二重の敷石が巡っていたが明治14年頃、葺... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/21 17:25
崇峻天皇陵  (すしゅん)
崇峻天皇陵  (すしゅん) ★所在地:桜井市倉橋 ★墳丘:古墳では無い可能性大。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:全く見つかっていない。 ★築造年代:不明 ★調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/27 20:31
クノギ古墳  (くのぎ)
クノギ古墳  (くのぎ) ★所在地:橿原市古川町クノギ ★墳丘:円墳と思われていたが発掘調査の結果前方後円墳と判明 ★埋葬施設:不明 (時代から言えば横穴式石室か?) ★出土遺物:円筒埴輪、形象埴輪、家型埴輪  ★築造年代:6世紀前半 ★発掘調査:2010年 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/06 09:06
春日古墳 (かすが)
春日古墳 (かすが) ★所在地:生駒郡斑鳩町 ★墳丘:墳丘の裾が削られているが元々30m前後の規模と思われる。現状は直径約22m、高さ約6m。墳形は不明。葺石、埴輪は認められない ★埋葬施設:未調査のため不明、書物によると墳丘の表面観察から南西部斜面に1.1m☓70pの花崗岩の石材が認められ墳丘の高さも6m前後あることから横穴式石室の可能性が高いと考えられている。 (注)下記の写真の石材は祠の後部にあった石材です。 ★出土遺物:不明  ★築造年代:後期〜終末期 ★発掘調査:未 ★被... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/14 06:41
神代古墳 (じんだい)
神代古墳  (じんだい) ★所在地:生駒郡斑鳩町龍田 ★墳丘:南に延びる丘陵の南端に位置し現在は春日神社(滝谷神社ともいう)の境内に取り込まれている。墳形は不明であるが周囲よりやや高くなった東西20m(南北は不明)の範囲が当初の墳丘規模を表しているとおもわれるが墳形は不明。 ★埋葬施設:現状は三枚の石材(花崗岩)がコの字形で、その上端部のみ見ることができる。石材規模は東壁面が幅40cm、長さ250cm、西壁面が幅30cm、長さ210cmで奥壁は幅30cm、長さ160cmを測る。西壁面が少し傾いているが3枚ともほぼ上面... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/29 13:27
愛宕山古墳  (あたごやま)
愛宕山古墳  (あたごやま) ★所在地:宇陀市上井足(かみいだに) ★墳丘:有名な丹切古墳群の南の愛宕山にある、近年まで径約26m、高さ約3.5mの円墳とされてきたが現在は全長約37m、高さ6.7mの前方後円墳であることが判明している。 ★埋葬施設:竪穴系横穴式石室もしくは竪穴式石室 ★出土遺物:鏡(一面が銘帯を持つ半三角縁神人鏡で径は20.7cm、他の一面は15cmの四獣形鏡)、玉類、鉄製武具、短甲、須恵器 ★築造年代:5世紀後葉 ★発掘調査:正式な発掘調査は行われていない。 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/27 18:21
桧牧石風呂古墳  (ひのまきいしぶろ)
桧牧石風呂古墳  (ひのまきいしぶろ) ★所在地:宇陀市桧牧 ★墳丘:井足岳(いだにだけ)山麓の丘陵にある円墳(径約18m、高さ2m) ★埋葬施設:両袖式横穴式石室(羨道部の一部は埋没状態)全長は約9.5m、玄室長約4.5m、高さ約2.3m。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代後期 ★発掘調査:不明 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/20 16:35
高家・春日神社境内古墳  (たいえ・かすがじんじゃけいだい)
高家・春日神社境内古墳  (たいえ・かすがじんじゃけいだい) ★所在地:桜井市高家 ★墳丘:高家の氏神、標高300mの尾根端にある春日神社(高田神社)拝殿の東南に位置する。外形は不明 ★埋葬施設:片袖式横穴式石室で石室内に土砂が入り込み詳細はわからないが露出する石室外容による推定では玄室長は約3.5m、幅約2m、羨道部は長さ約5m、幅約1.5m、高さ約1m。 南に開口している。 ★出土遺物:不明  ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/12 00:04
北谷古墳群  (きただに)
北谷古墳群  (きただに) 北谷東古墳★所在地:宇陀市榛原 福地 ★墳丘:円墳、径約18m、高さ約3m ★埋葬施設:横穴式石室。羨道部は埋没している。玄室長は約1m以上、玄室幅約1.2m、高さ約1.2mで南西に開口している。玄室西古墳より一回り小さいが比較的大型の石材を使っている。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀後半 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/08 11:18
大伴皇女墓 (おおとものひめみこ) 更新版
大伴皇女墓 (おおとものひめみこ) 更新版 ★所在地:桜井市忍阪  ★墳丘:外鎌山の南斜面上にあり円墳と思われる。  ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明  ★築造年代:7世紀??(三方山囲みの南面する地勢にある事から終末期古墳の可能性がある) ★発掘調査:未 ★被葬者:欽明天皇の皇女である大伴皇女と比定されている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/05 18:21
赤瀬古墳群  (あかぜ)
赤瀬古墳群  (あかぜ) ★所在地:宇陀市榛原 赤瀬 額井岳(ぬかいだけ)の南麓に延びる尾根のひとつで天満台の団地方向に突き出た先端部に2基の横穴式石室が存在する。 ●1号墳 ・墳丘:円墳(径約10m、高さ約2m)南西に開口。 ・石室:両袖式横穴式石室で全長は約7m、玄室部は長2. 2m、幅1. 85mで、ほぼ正方形に近く、高さは奥壁付近で1.6m。玄室の石積は表面は平面に加工され持ち送りは殆ど見られない。羨道部は長さが約4. 8m、幅約1. 25mで天井石はない。玄室内に以前は稲荷の祠が祭られていた。 ★出土... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/04 17:23
平等寺東古墳 (びょうどうじひがし)
平等寺東古墳 (びょうどうじひがし) ★所在地:生駒郡平群町平等寺 ★墳丘:円墳,径12m墳丘の高さは3〜4mぐらいか?      ★石室:横穴式石室であるが、かなり破壊され羨道、玄室の区別さえつかない。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代後期? ★発掘調査:未 ★被葬者:? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/03 14:02

続きを見る

トップへ

月別リンク

大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる