アクセスカウンタ

<<  2013年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
愛宕山古墳  (あたごやま)
愛宕山古墳  (あたごやま) ★所在地:宇陀市上井足(かみいだに) ★墳丘:有名な丹切古墳群の南の愛宕山にある、近年まで径約26m、高さ約3.5mの円墳とされてきたが現在は全長約37m、高さ6.7mの前方後円墳であることが判明している。 ★埋葬施設:竪穴系横穴式石室もしくは竪穴式石室 ★出土遺物:鏡(一面が銘帯を持つ半三角縁神人鏡で径は20.7cm、他の一面は15cmの四獣形鏡)、玉類、鉄製武具、短甲、須恵器 ★築造年代:5世紀後葉 ★発掘調査:正式な発掘調査は行われていない。 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/27 18:21
桧牧石風呂古墳  (ひのまきいしぶろ)
桧牧石風呂古墳  (ひのまきいしぶろ) ★所在地:宇陀市桧牧 ★墳丘:井足岳(いだにだけ)山麓の丘陵にある円墳(径約18m、高さ2m) ★埋葬施設:両袖式横穴式石室(羨道部の一部は埋没状態)全長は約9.5m、玄室長約4.5m、高さ約2.3m。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代後期 ★発掘調査:不明 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/20 16:35
高家・春日神社境内古墳  (たいえ・かすがじんじゃけいだい)
高家・春日神社境内古墳  (たいえ・かすがじんじゃけいだい) ★所在地:桜井市高家 ★墳丘:高家の氏神、標高300mの尾根端にある春日神社(高田神社)拝殿の東南に位置する。外形は不明 ★埋葬施設:片袖式横穴式石室で石室内に土砂が入り込み詳細はわからないが露出する石室外容による推定では玄室長は約3.5m、幅約2m、羨道部は長さ約5m、幅約1.5m、高さ約1m。 南に開口している。 ★出土遺物:不明  ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/12 00:04
北谷古墳群  (きただに)
北谷古墳群  (きただに) 北谷東古墳★所在地:宇陀市榛原 福地 ★墳丘:円墳、径約18m、高さ約3m ★埋葬施設:横穴式石室。羨道部は埋没している。玄室長は約1m以上、玄室幅約1.2m、高さ約1.2mで南西に開口している。玄室西古墳より一回り小さいが比較的大型の石材を使っている。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀後半 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/08 11:18
大伴皇女墓 (おおとものひめみこ) 更新版
大伴皇女墓 (おおとものひめみこ) 更新版 ★所在地:桜井市忍阪  ★墳丘:外鎌山の南斜面上にあり円墳と思われる。  ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明  ★築造年代:7世紀??(三方山囲みの南面する地勢にある事から終末期古墳の可能性がある) ★発掘調査:未 ★被葬者:欽明天皇の皇女である大伴皇女と比定されている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/05 18:21
赤瀬古墳群  (あかぜ)
赤瀬古墳群  (あかぜ) ★所在地:宇陀市榛原 赤瀬 額井岳(ぬかいだけ)の南麓に延びる尾根のひとつで天満台の団地方向に突き出た先端部に2基の横穴式石室が存在する。 ●1号墳 ・墳丘:円墳(径約10m、高さ約2m)南西に開口。 ・石室:両袖式横穴式石室で全長は約7m、玄室部は長2. 2m、幅1. 85mで、ほぼ正方形に近く、高さは奥壁付近で1.6m。玄室の石積は表面は平面に加工され持ち送りは殆ど見られない。羨道部は長さが約4. 8m、幅約1. 25mで天井石はない。玄室内に以前は稲荷の祠が祭られていた。 ★出土... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/04 17:23
平等寺東古墳 (びょうどうじひがし)
平等寺東古墳 (びょうどうじひがし) ★所在地:生駒郡平群町平等寺 ★墳丘:円墳,径12m墳丘の高さは3〜4mぐらいか?      ★石室:横穴式石室であるが、かなり破壊され羨道、玄室の区別さえつかない。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代後期? ★発掘調査:未 ★被葬者:? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/03 14:02
椿井北古墳  (つばいきた)
椿井北古墳  (つばいきた) ★所在地:生駒郡平群町椿井字峯堂 ★墳丘:大半が畑地、道路、住宅等で破壊されているが元々は径が約29mの円墳の可能性がある。(これは古墳の南側の農道拡幅工事に伴う発掘調査で墳丘の南東裾の周溝とみられる溝が検出された為)      ★石室:横穴式石室で玄室長5.5m、幅3m、高さ4m前後の規模があり平群町屈指の規模であった可能性がある。 ★棺:不明 ★出土遺物:須恵器、土師器 ★築造年代:6世紀後半 ★発掘調査:未 ★被葬者:? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/03 10:26
赤坂天王山X号墳 (仮称)(あかさかてんのうざんX号墳)
赤坂天王山X号墳 (仮称)(あかさかてんのうざんX号墳) ★所在地:桜井市倉橋字赤坂 ★墳丘:円墳?(径約8m、高さ約2.5m)西に開口している。 ★石室:両袖式?横穴式。現存長で全長は約3.9m、開口部の幅が約60cm、高さは25cmである(玄室部で幅は1m程度高さは50p前後程度はありそう) ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/01 20:06
(平群)大谷古墳  (おおたに)
(平群)大谷古墳  (おおたに) ★所在地:生駒郡平群町椣原字大谷 ★墳丘:円墳(径約10m)南に開口している。      ★石室:両袖式横穴式石室であるが袖幅は無袖式かと思うほど小さい(約10cm)全長約6m、玄室長2.7m、幅1.6m、高さ2.3m、羨道長3.2m、幅1.3m。玄室天井石の最奥部が一段高くなっている。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀初頭 ★発掘調査:未 ★被葬者:? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/01 10:09

<<  2013年2月のブログ記事  >> 

トップへ

大和の古墳探索 2013年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる