大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 真弓鑵子塚古墳 (まゆみかんすづか)

<<   作成日時 : 2010/10/22 19:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

実は奥室だった北側羨道部 
画像
★所在地:高市郡明日香村真弓字カンス塚
★墳丘:貝吹山から伸びる屋根を大規模に造成して岩盤を削り出し盛土した円墳(直径約40m、高さ約8m)で2段築成。西側にテラス状の土地があり前方後円墳の可能性も残る。
★石室:片袖式横穴式石室、全長19m以上、玄室長6.5m、最大幅4.4m、高さ約4.7m。使われた石(自然石)
は約700個で2〜3tの石をドーム状に積上げ一番大きな天井石は推定で約30tある。当初から追葬を意識して設計されており渡来系の同族意識の強さが感じられる。石室床面に排水溝あり。玄室から続く北側に奥室を持つ。
★棺:確定はされていないが明日香村教育委員会の調査結果によると石室の西側と奥室の床から家型石棺の破片が出土しており石材から二上山凝灰岩製の石棺が2棺(奥室と袖の所)あったと思われる他、吉野川流域の緑泥片岩の破片も見つかっており組合式石棺も1棺あったと思われる。他にも出土した鉄釘から木棺が1棺以上があった可能性がある。(古墳は6世紀中頃に築造されているが6世紀後半までに数回追葬された痕跡が閉塞石の痕跡から判明している。
★出土遺物:渡来系氏族の墳墓の副葬品に多いミニチュア土器、金銅製装飾金具、金銅製馬具、銀象嵌の刀装具、土師器、須恵器、玉類、鉄鏃、鉄釘、凝灰岩片、等(太字は今回の出土品)
出土品の写真を追加します。(明日香村埋蔵文化財展示室等で撮影)
画像画像画像
(左)ミニチュア土器(中)金銅製装飾金具(右)金銅製馬具
画像画像画像
(左)銀象嵌の刀装具等(中)須恵器(右)凝灰岩片(石棺材)
★築造年代:6世紀中頃(石室内で出土した土器より)

★調査の経過
・明治時代にウイリアム・ゴーランド氏が来跡し石室内を計測している(この時は全長10mちょっとで開口部は北側のみと記録されている。)
・1913年(大正2年)に奈良県史跡調査会で羨道部の調査が行われ南側が開口された。ようするに、この時初めて南側が開口された。(全長は15mとされている)
・1962年(昭和37年)後期古墳研究会で発掘調査(石室内の土砂を取り除き計測するのがメインだったようである)
出土遺物として凝灰岩片、金銅製装飾金具、金銅装馬具、須恵器が検出されている。
・2007年〜2008年(平成19〜20年)史跡指定を目指し初めての本格的な発掘調査を実施された。
★被葬者:東漢氏首長一族の川原民直宮(かわはらのたみのあたひみや)(和田 萃氏)、蘇我稲目(猪熊兼勝氏)
☆奈良検定テキスト掲載古墳

特徴
@横穴式の玄室としては全国最大級で床面積は県内では見瀬丸山古墳(34u)に次ぐ28uの広さ(畳18畳分)である。(石舞台古墳は27u)
A従来南北両方に羨道を持つ珍しい古墳としても知られていたが北側の羨道と思われていた空間は閉塞石の状況から奥室と判明した。(通常閉塞石は開口部を途中まで内側と外側の両面で積み内側の工人が外へ出た後、外側から塞ぐが、北側は内側のみで積んでおり積替えの痕跡もない事より)

発掘前の写真(2005年10月撮影)
画像画像画像
(左)改訂が必要な説明板(中)開口部南側(右) 羨道部南側

2008年2月9日現地見学会
画像画像画像画像


画像画像画像画像


画像画像画像画像

見学記 現在封鎖中の為、見学はできません。
古くから古墳ファンには人気のある古墳で今回の発掘調査以前は石室内に自由に出入りできたので入られた方も多いはず。今回は史跡指定をめざす村教委が2007年夏から再調査していたものです。新聞紙上では「石舞台をしのぐ・・・」という記事が乱れ飛んでいますがこれは以前から判っていた事で特に目新しい事ではなく考古学者も含め新発見のように騒ぎ立ててるのに大変違和感を感じると共に情報の怖さを改めて知った次第です。それはさておき見学会当日は雪が降りしきる底冷えの飛鳥に新聞発表によると約2100人もの熱心な考古学ファンが集まったようです。普段は真っ暗闇の中を懐中電灯をかざしながら、じわりじわりと今にも上から石が落ちてくるような恐怖と戦いながら石室内に入るわけですがこの日はライトアップされているのでいつもと違う真弓鑵子塚古墳を見た感じで改めて一級の古墳と実感できました。しかしながら見学会以後、現在(2010年10月)に到るまで封鎖中であり見る事が出来ません。明日香村のHPにはずっと「真弓鑵子塚古墳は、保安及び保全のため封鎖していますので、石室内部の見学はできません。また、民有地のため立入禁止となっていますのでご理解をよろしくお願いします。」と冷たく書かれているだけです。見学会の時点では係員の方が(2008年)4月頃から見られると言われていましたが一向にその動きがありません。発掘以前は自由に出入が出来ていたのですが・・

【参考文献】
・明日香村村史上巻 1974年 
・続明日香村村史
・飛鳥の古墳 明日香村教育委員会
・明日香村発掘調査報告 2008   明日香村教育委員会

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真弓鑵子塚古墳 (まゆみかんすづか) 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる