大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 立子塚古墳 (たてこづか)

<<   作成日時 : 2009/04/24 10:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

360
画像
★所在地:桜井市穴師宇立子
★墳丘:円墳(径約20m、高さ約4m)
★石室:両袖式横穴式石室。全長?、玄室長4.8m、幅2.1m、現状高さ2.5m。羨道部は現状長約1m強のみ残存。
★棺:不明
★出土遺物:不明
★築造年代:6世紀後半
★発掘調査:未
★被葬者:不明

画像画像
(左)墳丘遠景 (右)大きく削られた羨道部
画像画像
(左)玄室奥壁を望む(右)玄室より開口部を望む 

見学記おすすめ度    
画像
   
天理市の柳本にある渋谷向山古墳(景行天皇陵)の南東にあり古くは「立子の石槨」と呼ばれ知られています。当古墳は柳本古墳群に位置していますが後期古墳が比較的少ない地域でもあり貴重です。石室は羨道部が殆どありませんが玄室は結構大きめの石材が使われ雰囲気も上々です。この古墳には過去2回行きましたが1回目は今から思えばすぐ横まで辿り着いているのに開口部を見つけられず。2回目は開口部を見つけたものの雨の後という事に加え開口部が急激に落ち込んでる感じがして入れても出るときにかなりリスクが伴うと思い断念。今回(2009年10月)は満を持して3度目の挑戦。但し一人ではリスクがあるので知人を誘って挑戦し何とか制覇できたものの想像以上に石室から出る時が大変でした。開口部が極端に狭く太目の方は無理して入れても出るのが大変なので止めておいた方がいいでしょう。とにかく出る時が大変です。もし行かれる方は決して無理をしないでください。(外から引っ張り上げてもらわないと出られなくなる可能性があります)(単独での行動は避けてください)
地図はおよその位置です(再確認ください)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本日探索してまいりました。

雨の後で土砂が落ちてきているのか写真よりさらに狭くなっていて、流石に完全に入るのは遠慮しました。
(それでも滑って脱出に一苦労でした・・・)

170センチ55キロの私でギリギリといったところ・・

今度はロープを持っていかないと駄目ですね(それか古墳フレ作るか)
beretta
2014/04/22 12:27
berettaさん
コメントありがとうございます。

本文に書かせてもらってるように、要注意の古墳です!
単独は避けた方がいいでしょう。ぼくもここは太めのロープを竹に
括り付けてから中に入ります。入る時も大変ですが出る時が特に大変です。
(太めの方や老人、腕力に自信のない方は入らない方がいいと思います)
とし坊
2014/04/24 05:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
立子塚古墳 (たてこづか) 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる