大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮の前古墳(みやのまえ)

<<   作成日時 : 2018/05/01 10:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

★ 所在地:桜井市箸中
★墳丘:径約15mの円墳と思われる。(現状約2mの封土が残る)
★埋葬施設:不明であるが頂上に幅、約1mぐらいの石材が露出している。
★遺物:不明
★築造年代:不明
★調査:未調査
★被葬者:不明
画像画像



【見学記】 おすすめ度
ほとんど知られていない古墳ですが明治時代は「堂の後塚」と呼ばれていた時期もあったようです。(現在の「堂の後古墳」は「ホケノヤマ古墳」と一つの前方後円墳とされていたようです。)大三輪町史(1959年)でも「堂の後古墳」として次のように記載されています。「村社国津神社の裏にありには「村社国津神社の裏に高さ2mほどの封土があって、その頂上に幅1mばかりの花崗岩三枚が露出している。横穴式石室の遺構と考えられる」
実態がよくわからない古墳ですが石材の一部が見えるだけでもワクワクしてきます。
(季節によっては石材が見えにくい時もあります)
画像
(当マップは桜井市埋蔵文化財センター・纒向に行こう!より転載)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮の前古墳(みやのまえ) 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる