大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 帯解黄金塚古墳 (おびとけ こがねづか) 陵墓参考地

<<   作成日時 : 2009/02/09 20:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2009年2月28日 現地見学会速報を追加しました。
画像
★所在地:奈良市田中町
★墳丘:方墳(※径26m)2段築成。傾斜面上方に当たる東・西・北の3方向に2段の石敷きの空濠と外堤あり。※2009年の調査で径は30mある事が判明した。
★埋葬施設:磚積式横穴式石室(南向き)全長12.5m(玄室長2.95m、羨道長9.54m)
★出土遺物:盗掘されており不明。
★築造年代:7世紀中頃(2009年の調査で出土した須恵器や土師器より)
★発掘調査:2004年、2008年〜陵墓指定外を断続的に調査中。2004年、2008年に石室前面で石敷が検出されたが2009年の調査で墳丘の外周にも2段の石敷が見つかった。
★被葬者:不明(舎人親王の墓との言い伝えがあるが舎人親王の時代より古く時代が合わない(舎人親王は735死去)発掘した奈良市埋蔵文化財調査Cの見解では推古−舒明天皇の時代に活躍した皇族か、トップクラスの豪族との見解である。この他、石材の権威、奥田尚氏は649年に亡くなった蘇我石川麻呂を候補にあげている。

☆奈良検定テキスト掲載古墳(黄金塚陵墓参考地として)

特徴
@一辺30mの方墳であるが南辺を除く3辺に最大4mの高さの外堤のある空濠が巡り墓域としては東西約120m、南北70mにも及び終末期古墳としてはかなりの規模を誇る古墳である。

A石室の内部構造は長さは約13m、玄室は長さ2.95m、幅3.3m、高さ2.6mのほぼ正方形で壁は四方とも下から1.6mまで垂直で上方は持ち送っている。羨道部はこの古墳の一番の特徴で羨道部の長さ9.5mを約3mおきに柱状の括れ部で3室に分けたような形になっている。尚、1890年頃、石材取出しで羨道部の上半が破壊された為修理されており天井石は後補である。

B2009年の調査で墳丘の周囲を飾る石敷きが確認された。石敷は2段構造で、北側と西側は下段の幅が約1.6m、上段は約0.5mで、下段との段差は約5cm。径15〜20cmの川原石を敷き、上、下段ともに端に石を一列に並べ縁取っている。(南側は過去の調査で下段が幅約6mの石敷が既に見つかっている。)これらの石敷は全国的にも珍しく寺院の基壇と似ており、影響を受けたとみられている 。又、墳丘の裾部で石を抜き取った形跡があり、築造時は墳丘にも石が積まれていた可能性がある。

C陵墓参考地であるが、昔(昭和2年)撮られた石室内部の白黒写真が残っている。これを見ると他の磚積式横穴式石室より一回り大きく羨道部が3室あるように見えることから独特の雰囲気を感じる。尚、羨道部、玄室部共に壁面全体に漆喰が塗られており写真で見る限り部分的に残っている。

画像画像
(左)南西から見たコーナー部 (右)南東から見たコーナー部

画像画像
(左)西側の空濠と外堤部(右)調査中の北側空濠周辺

見学記おすすめ度   
数十年前に訪れていますが、その時は多分陵墓指定区域の墳丘しか見ていなかったと思うので「小さな古墳」という印象しかありませんでした。今回、改めて空濠や外堤を含めて観察すると、目からウロコ状態!!。すばらしい!!ただ現状、東側の外堤部に民家が建っており景観を損ねているのが残念です。宮内庁も同じ指定するなら他の古墳もそうであるが主体部だけではなく墓域すべてを指定しないと意味がないと思うんですが・・。皆さんもこの古墳見学時は正面だけではなく裏に回ってじっくり観察されるといいでしょう。

2009年2月28日 現地見学会速報
久しぶりの現地見学会でしたがここには最近2回訪れているので新鮮味はなかったものの発掘現場ならではの独特のロマンの香りが漂っていました。予想外に人は少なく若干拍子抜けでしたがその分ゆっくりじっくり見れいい見学会でした。見学は奈良市の担当者の方々がポイント地点に張り付いて大変丁寧な説明と対応で好感が持てました。特に一人の方があまりに親切に教えてくださるので名札覚えておこうと見るとなんと発掘の責任者の森下恵介先生でした。新聞には出ていませんでしたが@発掘区に石室に使われた榛原石が1石見つかっています。多分羨道部が明治時代に破壊された時のもののようです。石室が見れないこの古墳ですがこの石とこの日公開された宮内庁が撮った石室内部の写真で内部の様子が想像できます。Aこの古墳にはかなりの規模のコの字形の外堤がありますがこれは風水の影響を受けて作られた可能性も・・B桜井・榛原に集中している榛原石の磚積式横穴式石室がなぜこの古墳だけが、この地にあるのかは?等々教えていただきました。

画像画像


画像画像
 

画像画像


画像画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
早速のアップをありがとうございます。

どうしても「おうごんづかこふん」と言ってしまうんですよねぇ…H

これでしっかり頭に入ったと思います。

取り上げて戴いてありがとうございました。

是非 機会をみて、見学に訪れたいと思います。
ネプ
2009/02/10 23:06
早速コメントありがとうございます(笑)いゃ実は僕も言ってしまう
時がいまだにあるんです。ネットでも間違われてるのを時々見ます。
この古墳は見ておくべき古墳のひとつと思います。特に外堤と空濠を。
とし坊
2009/02/11 11:53
現地説明会大変良い印象をみなさん持たれたようですね。

午後からの仕事を入れなけりゃあ良かった…とちょっと後悔…C

検定試験前にとし坊さんとここの古墳についてのやり取りをしていたのでとても印象に残っています。
特徴のある古墳なのでこれでしっかり頭に入りましたね。
現説の報告も、とても判りやすく感謝です。

ネプ
2009/03/01 09:07
ネプさん
どういたしまして・・次はいよいよソムリエ制覇に向けて頑張ってくださいね!!
とし坊
2009/03/02 02:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
帯解黄金塚古墳 (おびとけ こがねづか) 陵墓参考地 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる