アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「明日香村」のブログ記事

みんなの「明日香村」ブログ

タイトル 日 時
牽牛子塚古墳 (けんごしづか) 国史跡 更新版
牽牛子塚古墳 (けんごしづか) 国史跡 更新版 真の斉明天皇陵か!牽牛子塚古墳 2010年9月牽牛子塚古墳は墳丘を八角形に囲む石敷き(外周の敷石)の一部が見つかり八角墳と確定された。更に2010年に書記の記述を裏付ける太田皇女墓と思われる墳墓が発見された。現在(2017年時点)も古墳を整備する為の調査で古墳周辺部分を中心に断続的に発掘調査中。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/19 13:43
小山田古墳 (こやまだ)
小山田古墳 (こやまだ) (追記) 2017年3月1日付けで小山田遺跡第8次調査(2016.12.22〜2017.1.27)の発掘調査結果報告があった。今回の調査は墳丘南端部の様相と石室の有無の確認を目的に行われた。 主な成果は @墳丘盛土がと横穴式石室の羨道部の痕跡が検出され小山田遺跡は古墳である事が確定した。 A墳丘規模は今回検出された横穴式石室が墳丘上の中軸上にあるとすれば一辺70mの方墳と推測される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/01/18 14:36
都塚古墳 更新版 (みやこづか)
都塚古墳 更新版 (みやこづか) ★所在地:高市郡明日香村坂田小字ミヤコ938番地 ★墳丘:南北に伸びる尾根の先端の傾斜地に位置し従来は一辺約28m、高さ約4.7mの方墳の可能性が強いとされてきたが2014年の発掘調査の結果、墳丘の東側で石積の階段が1段と上部の4段が確認され未調査分に更に数段あると見られ全体では7〜8段ピラミッド状の階段を持つ大型方墳に復元されるという。復元長は東西約41m、南北約42m、高さは4.5m以上、西側の見かけの高さは7m以上に復元され墳丘北側の裾には幅1〜1.5m、深さ約0.4mの周濠があり、北側の... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/01/05 11:35
キトラ古墳  (きとら) 国特別史跡 【更新版】
キトラ古墳  (きとら) 国特別史跡 【更新版】 ★所在地:高市郡明日香村阿部山 ★墳丘:南東から北西に伸びる尾根の南斜面に築かれた円墳(径13.8m、高さ3.3m)2段築成で版築工法で造られている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/19 11:13
中尾山古墳  (なかおやま)国史跡 【更新版】
中尾山古墳  (なかおやま)国史跡 【更新版】 真の「文武天皇陵」の可能性が高い〜中尾山古墳〜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/21 17:25
天武・持統合葬陵  (てんむじとう、がっそうりょう)
天武・持統合葬陵  (てんむじとう、がっそうりょう) 2014年学会立ち入り調査★所在地:高市郡明日香村野口 ★墳丘:八角墳(南北約50m、東西約45m、高さ約9m) ★石室:横口式石槨(全長約7.5m、幅約3m、高さ約3m) ★棺:漆塗り木棺(天武天皇)骨蔵器(持統天皇) ★出土遺物:盗掘時に石御帯?、玉枕?があったという ★築造年代:7世紀後半 ★発掘調査:1959年、1961年(宮内庁) 1235年(盗掘) ★被葬者:天武天皇・持統天皇 ☆奈良検定テキスト掲載古墳 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/21 13:02
越 塚御門古墳(こしつかごもん)
越 塚御門古墳(こしつかごもん) 2010年最大の発掘成果!!太田皇女墓発見!!★所在地:高市郡明日香村大字越小字塚御門 ★墳丘:牽牛子塚古墳の約南東20mに位置するが墳丘は削平されており墳形、規模は不明。牽牛子塚古墳の為に整地された土地の一部を取り壊して造られていることより牽牛子塚古墳より後に造られた可能性が高い。 ★埋葬施設:刳り貫き式横口式石槨(石英閃緑岩製)規模は内法長約2.4m、幅約0.9m、高さ、約0.6m、推定総重量は約80トン。牽牛子塚古墳と同じく南に開口。床面には幅約2センチの溝をコの字形に設け排水機能と棺... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/06 17:55
真弓鑵子塚古墳 (まゆみかんすづか)
真弓鑵子塚古墳  (まゆみかんすづか) 実は奥室だった北側羨道部 ★所在地:高市郡明日香村真弓字カンス塚 ★墳丘:貝吹山から伸びる屋根を大規模に造成して岩盤を削り出し盛土した円墳(直径約40m、高さ約8m)で2段築成。西側にテラス状の土地があり前方後円墳の可能性も残る。 ★石室:片袖式横穴式石室、全長19m以上、玄室長6.5m、最大幅4.4m、高さ約4.7m。使われた石(自然石) は約700個で2〜3tの石をドーム状に積上げ一番大きな天井石は推定で約30tある。当初から追葬を意識して設計されており渡来系の同族意識の強さが感じ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/22 19:51
カゾマヤマ古墳  (かぞまやま)
カゾマヤマ古墳  (かぞまやま) 出土品を追加しました。 ★所在地:高市郡明日香村真弓 ★墳丘:方墳(東西約24m、南北18m以上、高さ4.2m以上)東西に伸びる丘陵の南斜面を東西100m以上、南北 60m、高さ10mにわたり造成し版築工法で2段以上に築成。 ★石室:磚槨式石室(復元長5m以上)玄室長2.6m以上、幅約1.8m、高さ0.9m以上。床面には切石を敷き詰め玄室中央に長さ約2m、幅約1.2m,高さ約0.3mの棺台をつくり床面以外は棺台を含め全て漆喰が塗られている。 ★棺:夾紵棺(きょうちょかん)・・・(麻の繊... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/14 21:47
八釣マキト5号墳 (やつりまきと5ごう)
八釣マキト5号墳 (やつりまきと5ごう) ★所在地:高市郡明日香村八釣(現在は飛鳥資料館にあり) ★墳丘:円墳(径約22m) ★石室:両袖式横穴式(全長10m)玄室長4.1m、幅2.1m、高さ約3m、羨道長約5.9m、幅?、高さ? ★棺:不明(棺台と思われる石材が4点づつ4列に約80p間隔で並んでいた。) ★出土遺物:土器類、武器類、馬具 ★築造年代:6世紀後半 ★発掘調査:1999年 ★被葬者:中臣氏関連?(近くの大原に大伴夫人墓や藤原鎌足生誕地等、中臣氏ゆかりの史跡がある事より) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/01 12:15
マルコ山古墳 (まるこやま) 国史跡
マルコ山古墳 (まるこやま) 国史跡 ★所在地:高市郡明日香村真弓 ★墳丘:六角墳(下段の最長対角線約24m、高さ5.3m)墳丘は岩盤をL字に削りだし、平坦面を作り版築による盛土を行っている。2段築成 ★石室:横口式石槨、二上山鹿谷寺産凝灰岩切石(長さ2.72m、幅1.29m、高さ1.36m)石槨内全面に漆喰が2〜7ミリの厚さで塗られている。盗掘穴は南壁の上部にあり副葬品は徹底して持ち去られ出土品は少なかった。南に開口している。石槨は奥壁2石、側壁各3石、天井・床石各4石、閉塞石1石の合計17石で構成されている。 ★棺:漆塗... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/26 19:02
塚本古墳 (つかもと)
塚本古墳 (つかもと) ★所在地:高市郡明日香村稲渕 ★墳丘:方墳(1辺39m、高さ3m以上)であるが原形を殆ど失っている。南東に開口。2段築成。 ★石室:両袖式横穴式(全長12.5m以上)玄室長4m、幅2.5m、高さ2.7m、羨道長約8m、幅1.9mで玄室奥壁は切石状の巨石の2段積み、側壁は3〜4枚に縦、横積みされている。羨道部は両袖石を除き抜き取られていたが痕跡から両壁共に4石を縦ないし横積みにし玄室内には比較的扁平な割り石で棺台がつくられていた又、石室床下には排水溝の施設があった。 ★棺:二上山鹿谷寺付... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/27 10:38
岩屋山古墳 (いわややま) 国史跡
岩屋山古墳 (いわややま) 国史跡 優美な切石の横穴式石室で知られる岩屋山古墳★所在地:高市郡明日香村大字越 【西側墳丘の他、大きく改変され墳形や寸法も学者により諸説があるがここでは「続 明日香村史」を基に記す。 ★墳丘:2段築成の方墳(一辺40m以上、高さ約12m)河上邦彦氏は一辺45m程度の上八角下方墳の可能性を指摘されている。 ★石室:南側に開口した両袖式横穴式(全長17.8m)石材は石英閃緑岩(通称、飛鳥石)玄室長4.9m、幅2.8m、高さ約3m, 羨道長13m、 幅2.3m、高さ約2m ★棺:不明 ★出土遺物:... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/06/23 07:00
鬼の俎板・雪隠古墳 (おにのまないた・せっちん) 陪冢指定
鬼の俎板・雪隠古墳 (おにのまないた・せっちん) 陪冢指定 ★所在地:高市郡明日香村平田 ★墳丘:不明(長方形墳?)南に開口している。 ★石室:花崗岩の刳貫式横口式石槨  (俎板=床石)長さ4.3m、幅が約3.3mの不整形な長方形。  (雪隠=蓋石)床石に合致する部分から約1.3m刳り貫かれている。  *復元長は長さ2.5m、幅1.5m、高さ1.5mで横口式石槨としては最大級。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀中頃 ★発掘調査:なし ★被葬者:斉明天皇・建王説等 ☆奈良検定テキスト掲載古墳(鬼の俎板・雪隠として) ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/22 09:52
高松塚古墳 (たかまつづか) 国特別史跡
高松塚古墳 (たかまつづか) 国特別史跡 2009年9月14日現在の高松塚古墳 現在、墳丘及び周溝等の外形の復元をしています。(取り出された壁画及び石材は修理で約10年間かかる間を利用して当面の整備として調査結果から推定される築造時の姿に戻す作業がおこなわれている。) しかし、下記の写真でもわかるように、どう見ても平成の古墳でしかない。こういうのを整備とか復元と言うのだろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/06/23 11:12
八釣マキト1号墳 (やつりまきと)
八釣マキト1号墳 (やつりまきと) ★所在地:高市郡明日香村八釣 ★墳丘:円墳(径約18m) ★石室:片袖式横穴式(全長6.05m)玄室長3.55m、幅1.6m、高さ?、羨道長約2.5m、幅1.1m、高さ? ★棺:不明 ★出土遺物:土器類、装身具、武器類、馬具 ★築造年代:6世紀中頃 ★発掘調査:1999年 ★被葬者:中臣氏関連? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/15 08:59
吉備姫王墓 (きびつひめのおおきみ)
吉備姫王墓 (きびつひめのおおきみ) ★所在地:高市郡明日香村平田 ★墳丘:円墳(径約25m??) ★石室:不明 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:なし ★被葬者:不明 ☆奈良検定テキストには「猿石」の項に記載あり               特徴 古墳としてのデータは全くなし。円墳状の高まりがあるのは確かであるが・・「日本の古代遺跡」保育社刊には径が25mほどと書かれているがとてもそんなにあるようには思えない。墓名は皇極・孝徳天皇の母の檜隈墓としている。「日本書紀」によると、吉備姫... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/14 10:34
梅山古墳(うめやま)・欽明天皇陵
梅山古墳(うめやま)・欽明天皇陵 ★所在地:高市郡明日香村平田 ★墳丘:前方後円墳(全長138m、後円部径約73m、前方部幅107m、後円部高さ約12m) ★石室:横穴式石室?(確証なし) ★棺:不明 ★出土遺物:土師器、須恵器の破片(詳細不明) ★築造年代:6世紀後半 ★発掘調査:1997年(宮内庁) ★被葬者:欽明天皇と堅塩姫? ☆奈良検定テキスト掲載古墳(欽明陵として)               特徴 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/13 15:41
カナヅカ古墳 (かなずか)
カナヅカ古墳 (かなずか) ★所在地:高市郡明日香村平田 ★墳丘:方墳(一辺35m、高さ6〜8m) ★石室:横穴式石室(全長16m、玄室長約5.5m、幅約3.6m、高さ2.7m、羨道約10m) ★棺:石棺 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀中頃 ★発掘調査:1995〜1998年(但し陵墓指定外区域) ★被葬者:吉備姫王? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/12 11:39
ジョウセン塚古墳・文武天皇陵
ジョウセン塚古墳・文武天皇陵 ★所在地:高市郡明日香村栗原 ★墳丘:不明(直径28m、高さ約2m程)円墳とされる。現在は南北60m、東西80mの範囲に五角形に垣がめぐらされている。 ★石室:元々南に開口した横穴式石室が存在したらしい(塚穴またはジョウセン山と呼ばれていたらしい)文武陵に冶定される前は破壊され畑になっていたようであるが1864年に修復され現在に至る ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:なし(1864年修復) ★被葬者:不明 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/11 17:25
打上古墳 (うちあげ)
打上古墳 (うちあげ) ★所在地:高市郡明日香村細川 ★墳丘:円墳(径30m)南方向に開口。 ★石室:両袖式横穴式(全長?m)玄室長4.8m、幅2.6m、高2.3m。羨道現存長3.4m(先端部欠損) ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀末〜7世紀初 ★発掘調査:未 ★被葬者:蘇我氏関連 ☆奈良検定テキストには「細川谷古墳群」として掲載されている。 特徴 @約200基ある細川谷古墳群の盟主的な古墳である。 A石室の石材は下段の上端が横一線に揃う「岩屋山式」の類型である。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/08 21:13
石舞台古墳 (いしぶたい) 国特別史跡
石舞台古墳 (いしぶたい) 国特別史跡 ★所在地:高市郡明日香村島庄 ★墳丘:方墳(1辺55m)西南方向に開口している。墳丘上部の形状は不明。周濠、貼石あり。 ★石室:両袖式横穴式(全長19m)玄室長7.7m、幅3.4m、高4.8m。羨道長11.5m、幅2.4m、高2.6m ★棺:凝灰岩製の家型石棺と思われる。(玄室から凝灰岩の破片が出土している) ★出土遺物:土器片少々他は不明 ★築造年代:7世紀初 ★発掘調査:1933.1935年。1954〜1958年(濠の修復と調査)1975年(石舞台周辺国営公園化の為) ★被葬者... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/01 18:13

トップへ | みんなの「明日香村」ブログ

大和の古墳探索 明日香村のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる