アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「天理市」のブログ記事

みんなの「天理市」ブログ

タイトル 日 時
杣之内火葬墓 (そまのうちかそうぼ)
杣之内火葬墓 (そまのうちかそうぼ) ★所在地:天理市杣之内町山口方 現地に説明板があります。(かなり腐食され見にくいので改めて表記します。 「埋蔵文化財天理教調査団は1981年6月から11月までの発掘調査により、ここで奈良時代の火葬墓を発見した。墓域は長さ10m、幅5.2mの半円形で地山を深さ1.8mの2段堀にし。ここに粘土を砂質土を交互に入れ築いていた。墓域の中央に一辺1.2m深さ0.9mの墓壙を掘り木櫃(きびつ)に入れた骨を納めかたわらに海獣葡萄鏡を副葬していた。骨は火葬のために焼けて粉々になっていた。骨にまじって焼け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 20:37
豊田狐塚古墳
豊田狐塚古墳 ★所在地:天理市豊田町 ★墳丘:天理市豊田町の集落北側の丘陵地で布留川の形成した扇状地・段丘を見下ろす高台にある。墳丘は未確定であるが、直径20m程度の円墳と思われる。 ★石室:両袖式横穴式石室で天井石と側壁の一部は失われていた。石室は、羨道部は一部しか調査されていないので石室の全長は不明。玄室長は約4.9m、幅(奥壁部)約2m、床面には長形30cm程度の床石を敷き詰めている。 ★棺:床面に木棺の跡らしきものが残存する箇所があり少なくとも3基の木棺が置かれた可能性がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 18:44
ヒエ塚古墳(更新版)
ヒエ塚古墳(更新版) ★所在地:天理市萱生町ヒエ塚 ★墳丘:竜王山から西に延びる尾根上に立地する前方後円墳。前方部を西に向ける。(全長約130m、後円部径約60m、(2017年の調査で後円部の径は従来の想定より大きい約70m程度の可能性がある事が判った) 高さ約10m、前方部幅約55m、高さ約7m)後円部3段、前方部2段築成。葺石あり。周濠状落込あり。 ★埋葬施設:不明(未調査) ★出土遺物:2002年の墳丘北側外堤の発掘調査で土師器壺、甕(かめ)、高杯の完形品や破片。2014年の調査時にも庄内式を含む古墳時代... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/21 15:20
豊田トンド山古墳
豊田トンド山古墳 ★所在地:天理市豊田町 ★墳丘:天理市豊田町の集落北側の布留川の形成した扇状地・段丘を見下ろす丘陵の頂上部(114m)に築造されたいわゆる山寄せの古墳です。墳丘は未確定ですが、直径30m程度の円墳と思われる。 ★石室:両袖式横穴式石室で天井石と側壁の一部は失われていた。石室の規模は全長約9.4mで玄室長約4.9m、幅(奥壁部)約2m、羨道部は長さ約4.5m、幅(玄門部)約1.7m。床面には長形30cm程度の床石を敷き詰めています。 ★棺:調査時、玄室内を中心に破砕された二上山の凝灰岩が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/28 21:19
西殿塚古墳 (にしとのづか) 衾田陵 【更新版】
西殿塚古墳 (にしとのづか) 衾田陵 【更新版】 ★所在地:天理市萱生町 ★墳丘:前方後円墳(全長約230m、後円部径140m、高さ約16m、前方部幅130m、高さ約12m。前方部が後円部に比べ4m低く先端がバチ形に開く箸墓古墳に似た形状で前方部を南に向ける。段築は2012年に行われた3次元航空レーザー計測で前方部、後円部ともに4段(西側の張り出しを含めると5段)築成と判明した。又、この時の計測で後円部上段に円形に巡る高まりと前方部から後円部に上がる通路の中央に窪みがある事が判明したが時期、性格は不明。埴輪、葺石あり。 ★埋葬施設:後... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/02 16:03
塚穴山古墳  (つかあなやま) 【更新版】
塚穴山古墳  (つかあなやま) 【更新版】 ★所在地:天理市匂田町塚穴山     ★墳丘:調査前までは前方後円墳と思われていたが調査の結果円墳(径約63.4m)と判明。高さは現状で約6m。周濠あり(幅、約15m) 下図及び発掘調査の写真は2013.2.23 物部氏の巨大古墳 塚穴山古墳」講演会資料より              ★石室:両袖式横穴式(全長17m)玄室長7m、幅2.9m、高3.5m以上、羨道部長約9.5m、幅約2.6m。南に開口。 ★棺:不明 ★出土遺物:須恵器片(他は殆ど中世の遺物) ★築造年代... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/07/31 08:17
御墓山古墳  (おおばかやま)
御墓山古墳  (おおばかやま) ★所在地:天理市上総町字墓山 ★墳丘:前方後円墳、南北に主軸を置き前方部を北に向ける。(全長約66m、前方部幅約44m、高さは現状で西側で約4m。周濠の痕跡あり。 ★埋葬施設:早くから(元禄時代以前)墳丘が削平されていた為不明であるが時代からみれば横穴墓。 ★出土遺物:土器、木製品、埴輪 ★築造年代:6世紀前半 ★発掘調査:1993年(天理市教育委員会)駐車場設置に伴い 古墳東側の一部のみ学術調査。 ★被葬者:不明(元禄期には王墓山もしくは大墓山と呼ばれていたことより景行天皇陵と考え... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/04 14:02
岩室池古墳跡  (いわむろいけ)
岩室池古墳跡  (いわむろいけ) ★ 所在地:天理市岩室町 ★概要:池の堤の護岸工事に伴う試掘調査の際、弥生式土器に混じって馬の頭部の埴輪が発見された事に加え現状の墓地の不自然な地形から古墳の可能性が考えられた為、本格的な調査が行われ前方後円墳跡が発見された。 ★墳丘:一部が発掘されただけで明確な規模は不明であるが復元すると全長約50m、後円部径30m強の西向きの前方後円墳とおもわれる。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:朝顔形埴輪、円筒埴輪、人物埴輪、盾形埴輪等。 ★築造年代:5世紀末〜6世紀前半 ★発掘調査:198... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/03 10:26
星塚1、2号墳  (ほしずか)
星塚1、2号墳  (ほしずか) ★ 所在地:天理市二階堂上ノ庄町 ★概要:現在共同墓地となっている2号墳周辺の水田を発掘調査中、埋没古墳(1号墳)が発見され2号墳はこの1号墳の一部を壊して築造されている事が判明した。更に近鉄天理線の踏切の南側に2号墳に隣接した形で3号墳(詳細不明)があった事も判明。(現在見ることが出来るのは2号墳のみであるが墳丘が共同墓地に改変されたため今は僅かに周濠にのみ、その面影を留める。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/12 17:22
荒蒔古墳跡 (あらまき)
荒蒔古墳跡 (あらまき) ★ 所在地:天理市荒蒔町 ★概要:高層住宅の建設に伴い試掘調査の段階で濠が確認され初めてその所在がわかった埋没古墳。中世頃の水田開発で墳丘が削り取られ周濠のみが地下に残されたと考えられる。 ★墳丘:前方後円墳(帆立貝式)全長約30m、後円部径約20m、前方部長約10mで幅6〜14m、深さ0.7〜1.2mの周濠を持つ。葺石の痕跡は認められない。 ★埋葬施設:不明(この古墳の北側の墓地に家型石棺の蓋石を転用した墓標があり関連が注目される) ★出土遺物:大半が埴輪で人物埴輪(5点以上)、盾形... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/03 17:24
西乗鞍古墳  (にしのりくら)
西乗鞍古墳  (にしのりくら) ★所在地:天理市杣之内町 ★墳丘:前方後円墳(全長118m、後円部径66m、高さ16m、前方部幅88m、高さ16m前方部を南に向け2段築成。埴輪あり。一次調査の結果浅い二重の周濠が見つかっている。 ★埋葬施設:不明(大型の横穴式石室の可能性大) ★出土遺物:周濠部より円筒埴輪、朝顔形埴輪、須恵器などが出土 ★築造年代:5世紀末 ★発掘調査  ☆一次調査(1981年)橿原考古学研究所 運動場(後のホッケー場)建設に伴う発掘調査で墳丘の南側の隣接地で南側と東側で外濠が検出され2重の周... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/31 22:03
小墓古墳(おばか)
小墓古墳(おばか) ★所在地:天理市杣之内町小墓 ★墳丘:天理市市街の南東部に位置し同一丘陵上に東乗鞍古墳、西乗鞍古墳、小墓古墳が築かれている。いずれも古墳時代後期の前方後円墳である。小墓古墳は全長が約80mで後円部の径が約50m(現状は約5m削られているようである。) 前方部幅は約70mで前方部を南南西に向けている。調査時、周濠が確認された。(幅約12〜13m)今も水路や道の形状に名残を残している。周濠部の転落石の様子から葺石の存在の可能性がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/29 14:21
二ノ瀬池古墳 (にのせいけ)
二ノ瀬池古墳 (にのせいけ) ★所在地:天理市萱生町大仏芝ノ内 ★墳丘:前方後円墳(前方部を北方向に向ける)全長は約44m、後円部高3m、前方部高3m ★埋葬施設:横穴式石室? ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★調査:1987年実査のみ ★被葬者:? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/26 11:53
ノムギ古墳 (のむぎ) 国史跡
ノムギ古墳 (のむぎ)  国史跡 埋葬部は既に消滅か?ノムギ古墳 【写真左は2008年当時、右は2012年現在の墳丘】 ★所在地:天理市萱生町・佐保庄町 ★墳丘:前方後方墳で前方部を西に向ける。(現状規模は全長約63m、後方部一辺約40m、高さ約3m、前方部長20m以上、幅12m)周濠(10〜15m)の痕跡あり。埴輪、葺石あり。 ★埋葬施設:不明(既に消滅の可能性が高いと思われる) ★出土遺物:土師器、須恵器 ★築造年代:3世紀後半〜4世紀初 ★調査:当初、墳形は1977年橿考研による墳丘測量調査で全長63m.後... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/23 22:35
ハミ塚古墳  (はみづか)
ハミ塚古墳  (はみづか) ★所在地:天理市岩屋町 ★墳丘:方墳(復元長東西48.8m、南北45.6m)南に開口している。周濠の痕跡あり。 ★石室:花崗岩切石の両袖式横穴式(現存長12m)玄室長5.7m、奥壁幅2.8m、玄門幅2.8m、羨道現存長5m、幅1.8m ★棺:竜山石製刳抜式家型石棺(縄掛突起6個) ★出土遺物:須恵器片、土師器片、金環、太刀の環頭につく鉄地銀張りの環頭片、 刀装具と思われる金銅製品2、長頭鏃片。 ★築造年代:6世紀末〜7世紀初 ★発掘調査:1994年〜1997年 ★被葬者:物部氏関連... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/06 08:12
(天理)栗塚古墳  (くりつか)
(天理)栗塚古墳  (くりつか) ★所在地:天理市成願寺町 ★墳丘:前方後円墳(現況は前方部ほとんど破壊)復元全長120m、後円部径70m、高さ8m、前方部幅約50〜60m。後円部東側に後円部の曲線に沿った周辺兆域的な感じが読みとれる。前方部を南西に向ける。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:過去に土器・管玉が出土したらしい。 ★築造年代:不明 ★発掘調査:測量調査のみで発掘調査は未(前方部は1960年頃県道の道路工事でほとんど消滅) ★被葬者:?  (左)墳丘図  (右)南側から見た栗塚古墳後円部 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/22 11:01
下池山古墳  (しもいけやま)  国史跡
下池山古墳  (しもいけやま)  国史跡 代表的な前方後方墳として知られる下池山古墳  ★所在地:天理市成願寺町 下池山 ★墳丘:前方後方墳(全長120m、後方部一辺60m、同幅57m、同高14m、前方部長60m、同最大幅27m、同高6m)。前方部をほぼ南面に向ける。葺石あり、埴輪なし。2段築成。周濠 ★埋葬施設:発掘調査の結果、後方部 の墳頂に合掌型の竪穴式石室(長さ6.8m、幅・北側1.3m、南側0.9m、高さ1.8m)があり、高野槙材の割竹形木棺(現状5.24m復元長6m強)が発見された。 ★出土遺物:勾玉、管玉、ガラ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/19 09:11
フサギ塚古墳  (ふさぎづか)
フサギ塚古墳  (ふさぎづか) ★所在地:天理市成願寺町フサギ塚 ★墳丘:前方後方墳で前方部を西に向ける。(全長約110m、後方部の一辺約60m、高さ9m、前方部高3m)北面と東面の水田の地割から周濠の痕跡の可能性あり。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:刀剣類の出土が伝えられているが所在不明。 ★築造年代:4世紀中頃? ★発掘調査:説明板に前方部の一部を調査と書かれているが詳細不明。 ★被葬者:?(初期大和政権の一族?)             特徴 この古墳が位置するオーヤマト古墳群の北側にある萱生(かよう)支... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/18 09:35
星塚古墳  (ほしづか)
星塚古墳  (ほしづか) ★所在地:天理市新泉町星山 ★墳丘:前方後方墳?前方部を南面に向ける。(全長約60m、後方辺約30m、 高さ約7m、頂辺約10m、前方部幅約20m、長約30m、高さ約2.6m、くびれ幅約15m、後前高差-2.9m) ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未(2010年に天理大学歴史研究会による測量調査のみ) ★被葬者:?              特徴 墳丘図を見てもわかるように二つの方墳が連結しているようにも見え正確には前方後方墳と断定はできな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/18 00:00
波多子塚古墳  (はたごづか)
波多子塚古墳  (はたごづか) 後世の開墾で前方部が異常に細長い波多子塚★所在地:天理市萱生町 波多子塚 ★墳丘:前方後方墳、全長140m、後方部東西幅約50m→復元幅65m、南北幅45m、前方部長90m、同幅14m)。前方部をほぼ西面に向ける。葺石、埴輪あり。周濠跡あり ★埋葬施設:墳丘部外縁の石垣に板状の安山岩の石材が多く使われている事から竪穴式石室と思われる。 ★出土遺物:周濠部から多くの朝顔形埴輪、鰭付埴輪、楕円筒埴輪、特殊器台形埴輪などの埴輪片が出土。 ★築造年代:4世紀初頭〜前葉 ★発掘調査:1998年・... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/21 10:20
西山古墳  (にしやま) 国史跡
西山古墳  (にしやま) 国史跡 我が国最大の前方後方墳、西山古墳★所在地:天理市杣之内町西ノ山 ★墳丘:前方後方墳(全長190m、後方部一辺90m、前方部幅87m、高さ約19m)。前方部をほぼ西に向ける。埴輪、葺石あり。3段築成で周濠あり(一部残存) ★埋葬施設:未調査であるが墳頂部で大阪芝山安山岩の板石が見つかっており竪穴式石室と思われる。 ★出土遺物:鏡片、管玉、石製鏃、刀剣片、周濠から車輪石、古墳の外堤から埴輪棺、石棺墓が出土。 ★築造年代:4世紀後半 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ☆奈良検定テキス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/01/15 18:08
赤土山古墳(あかつちやま)  国史跡
赤土山古墳(あかつちやま)  国史跡 珍しい家形埴輪祭祀遺構を持つ赤土山古墳 ★所在地:天理市櫟本町 ★墳丘:前方後円墳(全長は残存長106.5m)葺石あり。埴輪は墳頂部と中段のテラス面の2列と墳頂部には形象埴輪片が見つかった他、、後円部の先端には造り出し部と家型埴輪祭祀遺構が存在する。前方部を西に向け2段築成である。 ☆外形は現在は前方後円墳で確定しているが過去二転三転している。参考までに記すと 1958年→橿考研?の踏査では全長109mの前方後円墳と推定されていた。 1974年→天理大の置田教授が考古学雑誌に「大... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/16 10:30
東殿塚古墳  (ひがしとのづか)
東殿塚古墳  (ひがしとのづか) 出土した埴輪に船の線刻絵画が描かれていた東殿塚古墳★所在地:天理市中山町 ★墳丘:前方後円墳(全長139m、後円部径65m、前方部幅49m、)前方部先端は後円部径とほぼ同じ迄、開く前方部が長いタイプ。(近くの燈籠山古墳もこのタイプである。)埴輪、葺石あり。 ★埋葬施設:未調査であるが墳頂部に割石や自然石が散乱しており竪穴式石室と思われる。 ★出土遺物:鰭付円筒埴輪、特殊器台形埴輪等 ★築造年代:4世紀前半 ★発掘調査:1977(測量のみ)1993、1997(前方部裾の一部のみ) ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/11 18:27
東大寺山古墳(とうだいじやま) 
東大寺山古墳(とうだいじやま)  出土した鉄刀に年号が刻まれていた事で有名な東大寺山古墳 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/08 10:42
マバカ古墳 (まばか)
マバカ古墳 (まばか) マバカ古墳は3世紀前半の最古級の前方後円墳か?★所在地:天理市成願寺町 ★墳丘:前方後円墳で前方部を西に向ける。(現状規模は全長約74m、後方部径約43m、 高さ約7m、前方部幅約26m、高さ2m)クビレ部を斜めに横切る農道あり。周濠の痕跡あり。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:調査時に古墳時代初期の土師器が発見されている。(説明板によると明治時代にも勾玉、管玉が出土していると言う。) ★築造年代:3世紀前半の可能性も? ★発掘調査:2002年、2004年(埋葬部は未調査) ★被葬者:... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/17 10:01
黒塚古墳 (くろづか) 国史跡
黒塚古墳 (くろづか) 国史跡 三角縁神獣鏡が33面も出土した黒塚古墳 ★所在地:天理市柳本町黒塚 ★墳丘:前方後円墳(全長130m、後円部径72m、前方部幅60m)周濠を有するが築造当初からあったのかどうか不明。葺石、埴輪はなし。前方部を西に向けている。 ★埋葬施設:竪穴式石室(南北方位で全長8.3m、幅1.3m、高さ1.7m。明瞭な天井石はなく合掌式。棺は粘土棺床上にクワの巨木を使用した長さ6.2m、最大径1mの割竹型木棺(既に消滅していた)に埋葬されていたと思われる。北枕で埋葬。 ★出土遺物:棺内遺物として画文... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/12 17:12
櫟本墓山古墳 (いちのもとはかやま)
櫟本墓山古墳 (いちのもとはかやま) ★所在地:天理市櫟本町大塚 ★墳丘:前方後円墳(全長、約64m)後円部径約40m、高さ約7m、前方部幅約18m。葺石、埴輪あり?前方部を北西に向ける。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:墳丘北側の新池の岸から円筒埴輪、朝顔形埴輪の破片が採集されておりこの古墳のものであろう ★築造年代:6世紀前半 ★発掘調査:未(1970年天理大学による測量調査のみ) ★被葬者:? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/21 10:57
塚平古墳 (つかひら)
塚平古墳 (つかひら) ★所在地:天理市岩屋町字谷山 ★墳丘:方墳(一辺約18m、復元高さ約5m?) ★埋葬施設:横穴式石室(現状長約5.5m、幅約2.07m、高さ1.7m)羨道部は消滅。南側に開口 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀中頃 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 (左)墳丘及び開口部 (右)奥壁 (左)奥壁に彫られた「塚原社」という文字(右)奥壁部から開口部を望む  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/25 17:54
平塚古墳 (ひらつか)
平塚古墳 (ひらつか) ★所在地:天理市成願寺町平塚 ★墳丘:円墳(径約54m)現状高さ約1.5m ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:纏向3型土器 ★築造年代:3世紀後半? ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/24 12:19
柳本大塚古墳 (やなぎもとおおつか)
柳本大塚古墳 (やなぎもとおおつか) 国内最古級の幻の木棺発見!!★所在地:天理市柳本町大塚 ★墳丘:前方後円墳(復元全長94m、後円部復元径54m、高さ現存6m、前方部復元幅29m、現存高さ約3.4m)。30m前後の周濠の痕跡あり。前方部を南に向ける。 ★埋葬施設:竪穴式石室(長さ3.6mの割石積みの石室に木棺が残存していた)他に小石室あり。 ★出土遺物:小石室より内行花文鏡、鉄鏃、鉄器片。 ★築造年代:4世紀前半 ★発掘調査:明治、大正年間に乱掘されている。 ★被葬者:不明 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/14 14:23
別所鑵子塚古墳 (べっしょかんすづか)
別所鑵子塚古墳 (べっしょかんすづか) ★所在地:天理市別所 ★墳丘:前方後円墳(全長57m、後円部径31m、現状高5.5m、前方幅43.5m、高5.5m)周濠の痕跡あり。葺石、埴輪あり。造り出しの痕跡もあり。前方部をほぼ北に向ける。 ★埋葬施設:調査されていないので詳細は不明であるが後円部と前方部の頂部に石棺が存在するようである。ただし石室の石材が出土していない事より石棺直葬の可能性がある。前方部のものは主軸に並行して刳抜式家型石棺の身が存在?(阿蘇ピンク石製?)後円部のものは蓋のようである(二上山白色凝灰岩製?) ★出土遺物... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/01 08:50
小岳寺塚古墳 (しょうがくじづか)
小岳寺塚古墳 (しょうがくじづか) ★所在地:天理市中山町 ★墳丘:前方後円墳(全長45m、後円部径約25m ,現状高さ5.4m ,前方部幅約20m 、現状高さ約5.4m)、前方部を西南に向ける。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:?   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/13 13:42
和爾小倉谷古墳群 (わにおぐらだに)
和爾小倉谷古墳群 (わにおぐらだに) ★所在地:天理市和爾町小倉谷 白川ダム建設に伴い橿原考古学研究所が発掘調査を行い3基の横穴式石室が見つかっており現在それらの古墳は元の位置から北西へ約120mの古墳公園に移築保存されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/09 16:48
石上大塚古墳 (いそのかみおおつか)
石上大塚古墳 (いそのかみおおつか) ★所在地:天理市石上町 ★墳丘:前方後円墳(全長107m、後円部径67m ,高さ14m ,前方部幅82m 、高さ約14m )2段築成、前方部を北に向け北、西、南の3方に空濠あり。造り出し西側にあり(東側にある可能性も)葺石、埴輪あり。 ★埋葬施設:後円部南に片袖式横穴式石室、玄室長6.3m、幅2.8m、高さ推定3.8m(残存2.8m)棺:凝灰岩製石棺(破片が出土している事より) ★出土遺物:埴輪? ★築造年代:6世紀前半 ★発掘調査:? ★被葬者:物部氏の奥津城か? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/08 19:49
岩屋大塚古墳 (いわやおおつか)
岩屋大塚古墳 (いわやおおつか) ★所在地:天理市岩屋町・櫟本町 ★墳丘:前方後円墳(全長76m、後円部径60m ,高さ6.5m ,前方部幅42m 、高さ約3m)2段築成、前方部を東に向ける。葺石あり。 ★埋葬施設:現状は確認できないが後円部と前方部にあった(?)ようです。 後円部→横穴式石室(現状は全て抜き取られている模様) 前方部→横穴式石室(花崗岩切石)があった模様。全長16m、幅3.6m以上。羨道部幅1.5m。凝灰岩製組合式石棺 ★出土遺物:須恵器、瓦器、土釜 ★築造年代:6世紀前半。 ★発掘調査:1966... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/07 01:33
アンド山古墳 (あんどやま) 崇神陵の陪塚い号
アンド山古墳 (あんどやま) 崇神陵の陪塚い号 ★所在地:天理市柳本町アンド山 ★墳丘:前方後円墳(全長120m、後円部径70m ,高さ15.5m ,前方部幅53m 、高さ11.5m )周濠なし、段築成なし、前方部を南南西に向ける。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:なし ★築造年代:4世紀前半 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/29 20:01
上の山古墳 (うえのやま) 景行天皇陵陪塚
上の山古墳 (うえのやま) 景行天皇陵陪塚 ★所在地:天理市渋谷町 ★墳丘:前方後円墳(全長140m、後円部径84m、前方部幅56m。前方部を南南東に向ける。葺石及び28mの周濠跡あり。 ★埋葬施設:不明。 ★出土遺物:周濠内より鰭付き円筒埴輪、壷型埴輪、朝顔型埴輪、盾形埴輪、木製品。 ★築造年代:4世紀中 ★発掘調査:1994年に前方部西側の宮内庁管理区域外の一部を調査済み。 ★被葬者:不明   特徴・その他 渋谷向山古墳(景行天皇陵の陪塚い号として宮内庁の管理の古墳である。しかしこの古墳の西側クビレ部付近には神... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/28 17:20
東大寺山古墳群 (とうだいじやまこふんぐん)
東大寺山古墳群 (とうだいじやまこふんぐん) ★所在地:天理市櫟本町 ※以下の説明文は全て説明板による(原文のまま) 【天理市櫟本町の東側には、通称東大寺山と呼ばれる丘陵地帯があり、そこには4世紀から6世紀にかけて多数の古墳が築かれました。考古学では、これらの古墳を東大寺山古墳群と称しています。かって、シャープ株式会社の敷地内には20数基の古墳が存在し、現在は古墳時代前期の前方後円墳、東大寺山25・26号墳を含む数基の古墳が現状保存されています。また、開発に際して発掘調査した古墳の内、石室の残りが良好であった3基の横穴式石室と2基の小石... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/27 10:38
和爾下神社古墳 (わにしたじんじゃ)
和爾下神社古墳 (わにしたじんじゃ) ★所在地:天理市櫟本町治道山 ★墳丘:前方後円墳(全長105m、後円部径60m、高さ12m、前方部幅39m、高さ7m)前方部を北に向ける ★埋葬施設:不明。この古墳の石室に用いられた可能性のある石材が墳丘西側裾部に置かれている。 ★出土遺物:円筒埴輪棺及び上記石材。 ★築造年代:4世紀末〜5世紀初頭 ★発掘調査:1984年括れ部東西方向と後円部北側斜面及び後円部平坦面の一部のみ調査。 ★被葬者:周辺一体は古代の政権の一翼を担った和爾氏の本拠地でもありその奥津城と考えられている。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/25 17:51
ウワナリ塚古墳 (うわなりづか)
ウワナリ塚古墳 (うわなりづか) 後期の石室では見瀬丸山古墳に次ぐ規模を持つウワナリ塚古墳★所在地:天理市石上町 ★墳丘:前方後円墳、全長110m、後円部径68m,高14m、前方部幅80m,高14m。前方部を北に向ける。埴輪、葺石あり。2段築成。西側のみ?造出しあり。 ★埋葬施設:両袖式横穴式石室、全長10.4m、玄室長6.9m、幅3m、高さ3.6m。石棺があったらしい。 ★出土遺物:須恵器片、円筒埴輪片 ★築造年代:6世紀前半〜中頃 ★発掘調査:未 ★被葬者:物部氏の奥津城か? ☆奈良検定テキスト掲載古墳 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/13 10:34
別所大塚古墳 (べっしょおおつか)
別所大塚古墳 (べっしょおおつか) ★所在地:天理市別所町 ★墳丘:前方後円墳、全長125m、後円部径85m,高さ15m、前方部幅90m,高15m。前方部を北東に向ける。2段築成。周濠の痕跡あり。葺石、埴輪あり ★埋葬施設:横穴式石室があり石棺があった模様。 ★出土遺物:埴輪片と金銅製の鈴や鏃、鎧、大刀、土器、人骨などが出土した言い伝えあり。 ★築造年代:6世紀前半 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ☆奈良検定テキスト掲載古墳 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/20 19:49
(天理)弁天塚古墳 (べんてんづか)
(天理)弁天塚古墳 (べんてんづか) ★所在地:天理市岸田町★墳丘:前方後円墳(現在。前方部は、ほとんど破壊されている)推定規模は全長約70m、後円部径約40m、前方部幅30m。前方部を西に向ける。★埋葬施設:不明★出土遺物:不明★築造年代:不明★発掘調査:未調査★被葬者:?見学記おすすめ度弁天塚と言う名の古墳はあちこちに、ありますがこの弁天塚は天理市岸田町にある古墳でオーヤマト古墳群に含まれます。JR桜井線の柳本駅と長柄駅の中間ぐらいに位置し削平された前方部のすぐ前をJRが走っています。未調査のため実態がわからない上、残存する後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/19 17:37
矢矧塚古墳 (やはぎづか)
矢矧塚古墳 (やはぎづか) ★所在地:天理市成願寺町矢羽ギ ★墳丘:前方後円墳前方部を西南西に向ける。全長約105m、後方部経46m(復元長50m)前方部幅約40m(復元幅49m)周壕はなし。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:明治初期の開墾で玉類が出土したらしい。 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:?             見学記 現状は後円部の一部が上ッ道で削られたうえ墳丘全体も大規模に削平され一面が果樹園となっています。おそらくこの高さだと埋葬施設は既に削られて無いものと思われます。古... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/12 17:46
燈籠山古墳 (とうろうやま)
燈籠山古墳 (とうろうやま) ★所在地:天理市中山町燈籠山 ★墳丘:前方後円墳、(全長110m、後円部径55m、高さ約6.4m、前方部幅41m)前方部を西に向ける。葺石、埴輪あり。墳丘東側に張り出し部あり。 ★埋葬施設:後円部から板石が多く採集されている事から竪穴式石室と思われる。 ★出土遺物:埴製枕、円筒埴輪、朝顔形埴輪、勾玉、管玉、石釧(いしくしろ) ★築造年代:4世紀前半 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明               特徴・その他 この古墳を有名?にしたのはこの古墳から出土した埴製枕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/14 16:11
竜王山古墳群 (りゅうおうざん)
竜王山古墳群 (りゅうおうざん) ★ 所在地:天理市柳本町・渋谷町   崇神陵と景行陵の間から竜王山に至る谷筋に沿ってある我が国最大級の群集墳。約600基が確認されているが埋没古墳も多く1000基以上の可能性も・・。古墳は大別して横穴式石室タイプと崖に掘り込んだ横穴墓に分けられそれぞれ300基以上あるが他の群集墳に比べ横穴墓が多いのが特徴である。古墳群の形成は6世紀前半にはじまり、当初は横穴式石室タイプが作られ、6世紀後半になると横穴が増え7世紀前半にはピークを迎える。この頃には殆ど横穴墓だけとなり7世紀末まで作られ続ける。横... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/14 10:40
空路宮山古墳 (くろくやま)
空路宮山古墳 (くろくやま) ★所在地:天理市萱生町堂ノ前 ★墳丘:前方後円墳、全長復元100m(現状45m)前方部を西に向ける。 ★埋葬施設:横穴式石室 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代後期 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明               見学記 西山塚古墳のクビレ部のあたりにある道を東に向かって歩いて行くと右手に菅原神社が見えますが、この神社の拝殿の奥が空路宮山古墳です。この古墳については殆ど文献らしきものが無いので実体が良くわかりません。元々は100m前後の前方後円墳だった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/13 17:09
東乗鞍古墳 (ひがしのりくら)
東乗鞍古墳 (ひがしのりくら) 冒険心をくすぐる東乗鞍古墳★所在地:天理市杣之内町乗鞍 ★墳丘:前方後円墳(全長75m、後円部径44m、前方部幅68m)前方部を西に向けている。葺石と埴輪はなし ★石室:右片袖式横穴式石室全長14.8m(玄室長5.7m、幅2.4m、高さ3.3m) ★棺:奥に阿蘇ピンク石製刳貫式家型石棺、手前に二上山凝灰岩製の組合式石棺(底石の一部のみ残存) ★出土遺物:馬具、甲冑の小札等出土の言い伝えあり。 ★築造年代:6世紀前半 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ☆奈良検定テキスト掲載古墳   ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 12

2008/08/12 17:50
西山塚古墳 (にしやまづか) 
西山塚古墳 (にしやまづか)  継体天皇の后である手白香皇女陵説が有力な西山塚古墳★所在地:天理市萱生町西山 ★墳丘:前方後円墳(全長114m、後円部径65m、高さ13m、前方部幅65m、)前方部を北に向ける。墳丘は3段築成。前方部と後円部の比高差は5mあり後円部の方が高い。埴輪、葺石あり。墳丘の殆どは盛土と推定されている。周濠あり(但し築造当初は空濠の可能性がある) ★埋葬施設:発掘はされて無いが説明板にもあるように開墾時に家型石棺が確認されている。 ★出土遺物:墳丘から古墳時代後期の埴輪片 ★築造年代:6世紀前半 ★... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/11 16:01
峯塚古墳 (みねづか)
峯塚古墳 (みねづか) 見事な切石の岩屋山式石室と墳丘斜面に珍しい凝灰岩切石状の葺石がある峯塚古墳 ★所在地:天理市杣之内町峯堂 ★墳丘:円墳(径約35.5m)高さは約5m。3段築成 ★石室:両袖式横穴式(全長11m)玄室長4.6m、幅2.7m、高2.3m。南に開口。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀末〜7世紀中葉 ★発掘調査:未 ★被葬者:石上氏、物部氏関連? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/07/27 13:44
中山大塚古墳 (なかやまおおつか) 国史跡
中山大塚古墳 (なかやまおおつか) 国史跡 ★所在地:天理市中山町大塚 ★墳丘:前方後円墳(復元長は全長132m、後円部径73m、後円部高さ11m?、前方部幅63m)後円部2段、前方部1段の段築により築成。周濠状の遺構が確認されているが周濠かどうかは不明。前方部を南南西に向けている。★埋葬施設:竪穴式石室(南北約17m、東西約12mの墓壙に内法長7.5m、高さ2m、幅1.35〜1.4mの石室を構築している。石室は床から50pほどは垂直に積み上辺は急激に持ち送りをし小型の天井石を乗せている。棺は粘土棺床上に長さ6.3mの割り竹型木棺がおか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/26 15:44
馬口山古墳 (ばくちやま)
★所在地:天理市兵庫町 ★墳丘:前方後円墳(全長110m、後方部径62m、 高さ約11m、前方部幅52m、高さ6m)で前方部を南に向ける。 クビレ部を縦断する農道あり。周濠の名残と思われる池が南と東南部にあり。葺石、埴輪あり ★埋葬施設:後円部で板石が採集できる事から竪穴式石室の可能性有。 ★出土遺物:特殊土器 ★築造年代:3世紀後半? ★発掘調査:未 ★被葬者:?              特徴 大和神社の参道の北に位置する前方後円墳であるが東側の墳丘上には民家が建ち墳丘の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/24 18:45
大和天神山古墳 (やまとてんじんやま) 県史跡
銅鏡23面と朱が42`も納められていた大和天神山古墳★所在地:天理市柳本町天神 ★墳丘:前方後円墳で前方部を南に向ける。(全長103m、後円部径56m、前方部幅47m)葺石あり、埴輪なし ★埋葬施設:後円部に合掌式竪穴式石室(全長6m、幅1.4m、高さ1.2m)石室中央の主室と両端の副室に別れる。 ★棺:木櫃(もくひつ)と言われる木製容器があったが人体埋葬の形跡なし ★出土遺物:23面の青銅製の鏡、鉄剣、鉄鏃、刀子、鎌、ヤリガンナ、板状鉄斧、朱(41キロ) ★築造年代:4世紀頃 ★... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/19 20:40
櫛山古墳 (くしやま) 国史跡
珍しい双方中円墳の櫛山古墳 ★所在地:天理市柳本町 ★墳丘:双方中円墳(全長155m、後円部の径90m、高さ約17.5m、前方部幅70m)周濠及び葺石と埴輪あり。 東西に主軸を持ち普通の前方後円墳に加え東側に方形部がついた形である。 ★石室:中円部に竪穴式石室あり。 ★棺:組合式長持型石棺(蓋石と底石の一部が見つかっている) ★出土遺物:滑石製合子や大皿、勾玉、石釧、車輪石、鉄鏃 ★築造年代:4世紀後半 ★発掘調査:1948〜1949年 ★被葬者:不明 ☆奈良検定テキスト掲載... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 156 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/19 09:52
渋谷向山古墳 (しぶたにむかいやま)景行天皇陵
前期古墳としてはわが国最大の規模を誇る渋谷向山古墳★所在地:天理市渋谷町 ★墳丘:前方後円墳(全長300m、後円部径160m、後円部高26m、前方部幅170m、前方部長130m、前方部高24m)東西に主軸を置く。周濠は現在9箇所に区切られているが築造時の姿ではない。特に前方部前面が幕末の修復時に拡張され形状が大きく変化している。その他は細い周濠が巡り渡堤以外は比較的築造時の姿をとどめている。墳丘は3段築成で葺石があり埴輪片も発見されている。 ★埋葬施設:後円部頂部で径42mの平坦面があり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/18 17:29
ノベラ古墳 (のべら)
★所在地:天理市柳本町ノベラ ★墳丘:前方後円墳で南北に主軸を置く(全長71m、後円部径約42m、前方部幅30m) ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代前期(4世紀?) ★発掘調査:未 ★被葬者:不明              特徴 柳本古墳群の西端の上ツ道沿いにあり柳本大塚古墳、石名塚古墳と共に支群を形成している。いずれも前方部がくびれ部から先端までの幅がほぼ同じ柄鏡式(桜井茶臼山タイプ)で墳丘全長は100m前後の似かよった規模である。他の2支群(山麓の柳... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/18 10:58
行燈山古墳 (あんどんやま)崇神天皇陵
周濠が墳丘の美しい姿をより一層引き立てる行燈山古墳★所在地:天理市柳本町行燈 ★墳丘:前方後円墳(全長242m、後円部径158m、高さ31m、前方部幅100m、高さ13.6m)周濠を含めると全長約360m、最大幅約230m。東西に主軸を置く。幕末に大規模な御陵補修工事が行われた為前方部の一部が水没したり周濠の形状が変化しているが平面的には大きな変化はなかったとの見方が強い。葺石、埴輪片あり。 ★埋葬施設:不明(長岳寺の石棺仏はこの古墳の天井石の可能性がある。) ★出土遺物:墳丘よりU型... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/16 16:47
石名塚古墳 (いしなづか)
★所在地:天理市柳本町西名塚 ★墳丘:前方後円墳で南北に主軸を置く(全長111m、後円部径約66m、現状高さ約13m、前方部幅40m。前方部は池まで伸びている事が近年の調査で確認されている。(前方部が短く前期古墳の様相を示している。)周濠の痕跡及び埴輪も確認されている。 ★埋葬施設:不明 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代前期(4世紀?) ★発掘調査:未 ★被葬者:不明               特徴 柳本古墳群は大きく分けて3支群に分けられるが一番西に位... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/11 07:19

トップへ | みんなの「天理市」ブログ

大和の古墳探索 天理市のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる