アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「桜井市」のブログ記事

みんなの「桜井市」ブログ

タイトル 日 時
小川塚東古墳
小川塚東古墳 ★ 所在地:桜井市箸中 ★墳丘:小川塚東古墳は「大和古墳墓取調書」(1893年)では高一間五分(2.72m)根廻三十九間(71m)で当時から墳丘はかなり削平されている。2012年,桜井市教育委員会で測量調査が行われ、東西34m、南北19m、比高差2.5mと東西に長い不整形になっている。 墳形については2説あり、天理大学歴史研究会は2002〜2003年頃実施した測量調査と電気探査から径約34mの復元案を提示する。一方、寺沢薫氏と橋本輝彦氏は墳丘の南東残る道路に取り込まれた小さな高まりを前方部の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 09:21
小川塚西古墳
小川塚西古墳 ★ 所在地:桜井市箸中 ★墳丘:この小川塚西古墳は古くから古墳として認識され「大和古墳墓取調書」(1893年)では高三間、根廻六十八間で絵図は2段で描かれている。2012年,桜井市教育委員会で測量調査が行われ、東西38m、南北33m、比高差5.4mと報告されているが、測量調査だけでは墳形を確定できなかった。(この測量調査に先立ち天理大学歴史研究会でも2002〜2003年頃、測量調査と電気探査がおこなわれ、電気探査では周構を捉えており、一辺41mの方墳に幅9〜12mの周講を持つ古墳ではないかとの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/17 09:43
伊丹宮古墳(仮称) (いたみみや)
伊丹宮古墳(仮称) (いたみみや) ★ 所在地:桜井市浅古宇伊丹宮 ★墳丘:南に向かって伸びた尾根の端部の西斜面にある。南半が破壊された径約20mの円墳、高さ約5m。南に向かって開口している。 ★埋葬施設:両袖式の横穴式石室。玄室長約3.7m、幅約2m、現高約2.5m、羨道部は約1mの長さが残る。 ★遺物:不明 ★築造年代:石室の構造から7世紀初頭と思われる ★調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/17 16:09
段ノ塚古墳・舒明天皇陵  更新版
段ノ塚古墳・舒明天皇陵  更新版 ★ 所在地:桜井市大字忍阪字段ノ塚  ★墳丘:上八角下方墳(外鎌山から南西に伸びる丘陵の南斜面の先端に立地。現在前方後円形に生垣がめぐっている(南北80m、東西110m)測量図によると3段築成の方形壇の上に2段築成の八角墳が築かれている。 ★埋葬施設:文久年間(1861〜64年)の「山陵考」によると南面が崩壊し石室が露出したとあり奥の石棺(舒明天皇?)は横に、前の石棺(田村皇女?)は縦のT字型であったと伝えている。石室は全長20mを超える超大型の横穴式石室と思われる。 ★出土遺... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/09/30 09:34
鏡王女墓(かがみのおおきみ)  更新版
鏡王女墓(かがみのおおきみ)  更新版 ★ 所在地:桜井市忍阪字女塚 ★墳丘:外鎌山の南緩斜面上にある15〜20mの南面する円墳。(上円下方墳との説もある。) ★埋葬施設:不明(横穴式石室??) ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:額田王の姉で天智天皇の妃、中臣鎌足(藤原鎌足)の室で万葉歌人の鏡王女(天武12年・683年没)の押坂墓とされている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/09/27 05:09
忍坂古墳群 (おっさか) 更新版
忍坂古墳群 (おっさか)  更新版 わが国初の六角石室で知られる忍坂8号墳のある忍坂古墳群【はじめに】 忍坂古墳群は正確には外鎌山北麓古墳群忍坂支群の事で近鉄朝倉駅東南にある外鎌山(とがまやま)の北から西にかけての斜面に位置する約100基ほどの古墳群で,団地造成に伴い52箇所(内遺跡35箇所)調査された。 古墳群は竜谷・慈恩寺・忍阪の三支群に分かれ忍阪支群(忍坂古墳群)は西端に位置し,ほぼ西にのびる尾根上および南斜面に築かれ10基が調査されている。1〜3号墳(円墳で横穴式石室)4号墳(円墳で木棺直葬)5号墳(長方形墳で壺棺)6号... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/25 09:45
桜井茶臼山古墳 さくらいちゃうすやま) 国史跡  更新版
桜井茶臼山古墳 さくらいちゃうすやま) 国史跡  更新版 大王墓か?!我が国初の石室囲む「丸太垣」 【はじめに】 大和政権初期の大王(おおきみ)の墓の可能性がある桜井茶臼山古墳は1949 年〜50 年の第1・2次調査で、後円部墳頂の竪穴式石室が調査され赤色顔料が一面に塗られた石室から、玉杖や鏡片など多数の副葬品が見つかった。また2009年の再調査では古墳の後円部の頂上にある方形壇を掘り埋葬施設との関係を調査した結果、石室の周囲に並べられた二重口縁壺の更に外側で方形壇の裾を囲む「丸太垣」という全国で初の事例となる方形壇を取り囲む巨大な「丸太垣」の一... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/09/22 07:33
茅原大墓古墳 (ちはらおおはか) 国史跡  【更新版】 
茅原大墓古墳 (ちはらおおはか) 国史跡  【更新版】  ★所在地:桜井市茅原  ★墳丘:帆立貝式前方後円墳(寸法は復元長)全長約86m、後円部径約72m、高さ約9m、前方部長さ約15m、高さ約1m。埴輪及び葺石あり。前方部を北に向け周濠の痕跡と見られる池(小池と丸池の一部)あり★埋葬施設:従来不明とされてきたが2013年12月に墳丘の地中物理探査が行われた結果、埋葬施設は「粘土槨」の可能性があり、しかも盗掘の形跡もなく良好な形で残っていると考えられると新聞発表あり(2014.6.27付) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/27 20:23
慶運寺裏円墳 (けいうんじうらえんぷん)
慶運寺裏円墳 (けいうんじうらえんぷん) ★所在地:桜井市箸中宇北垣内 ★墳丘:円墳(径約12m、現状高さ3m前後) ★埋葬施設:横穴式石室と思われる ★出土遺物:不明(奈良県遺跡地図に遺物として縄文、石器、サヌカイト、骨蔵器が出土したかのように記載されているが、おかしいので大三輪町史を調べてみると「このあたりには、中世の骨壺や縄文式土器、石器、サヌカイトなどが散乱している」とあり、この古墳から出土したというわけではなさそうだ。 ★築造年代:後期以降の古墳と思われる。 ★発掘調査:未調査 ★被葬者:?           ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/13 13:10
梶山古墳群 (かじやま) 改訂版
梶山古墳群 (かじやま) 改訂版 ★ 所在地:桜井市倉橋宇梶山 ★概要 奈良県の溜池で最大の大きさを誇る桜井市の倉橋の溜池は昭和21年に粟原川の支流をせき止めて作られたが梶山古墳群(43基)の多くも水没や破壊の運命にあり戦後間もない.1946年に末永雅雄博士の指導でこのうち3基だけが調査された。ただし戦後まもなくの調査で大変な調査だったようである。調査報告書は出ていないが調査担当の島田暁氏の「梶山古墳調査の記」を見る機会があったのでポイント部分だけ転記する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/29 19:26
谷首古墳(たにくび)  県史跡 
谷首古墳(たにくび)  県史跡  ★所在地:桜井市阿部字谷汲 ★墳丘:方墳(一辺約40m、高さ8.2m)現状は南北41m、東西38mで南に開口。葺石、埴輪はなし。墳頂に八幡神社の社殿がある為、西側はかなり変形している      ★石室:両袖式横穴式(全長13.8m)玄室長6m、幅2.8m、高さ4m、羨道長7.8m、玄門部での幅約1.7m、高さ約1.74m。奥壁は1石の2段積み、両側壁は3段で下から各段3石、3石、2石を積み羨道部は1石の1段である。 ★棺:石室内より凝灰岩の破片出土した事より、かって家型石棺が存在した... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/12 08:36
越塚古墳(こしずか)  県史跡
越塚古墳(こしずか)  県史跡 ★所在地:桜井市大字粟原字越塚   ★墳丘:円墳(径約40m、高さ約6m)南西に開口。2段築成。埴輪、茸石はなし ★石室:両袖式横穴式(全長15.4m)玄室長5.2m、幅2.5m、高さ3.8m、羨道長10.2m、幅1.7m、高さ約1.9m ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/04 16:05
秋殿南古墳  (あきどのみなみ)
秋殿南古墳  (あきどのみなみ) ☆☆動画をアップしました☆☆ ★所在地:桜井市浅古字秋殿 ★墳丘:鳥見山南麓に派生する一尾根の先端部の南西斜面に築かれた方墳(一辺約24m、高さ約5m) ★石室:玄室の石積みは2段積み、羨道は1段積みで南に開口する両袖式横穴式,(全長11.2m) 玄室長4.5m、幅2.3m、高2.4m、 羨道幅1.7m、高1.4m ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀前半 ★発掘調査:測量調査のみ ★被葬者:? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/02 10:20
赤坂天王山古墳(あかさかてんのうざん) 国史跡
赤坂天王山古墳(あかさかてんのうざん) 国史跡 ★所在地:桜井市倉橋字赤坂 ★墳丘:方墳(1辺約50m、,高さ9m)3段築成。南南東に開口している。 ★石室:両袖式横穴式(全長15.2m)玄室長6.5m、幅3.1m、高4.2m, 羨道長8.7m、幅1.7m、高2m。玄室各壁は3段積み天井部は3石で構築され玄室の壁は全て持送されている。 ★棺:二上山白石製凝灰岩,刳抜式家型石棺で6個の縄掛突起を持つ。長さ2.4m、幅1.7m、高さ1.2m ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀末〜7世紀初め(石室の構造より) ★発掘調査:戦前にあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/06 16:12
メスリ山古墳 (めすりやま) 国史跡 【更新版】
メスリ山古墳 (めすりやま) 国史跡 【更新版】 我が国、最大の巨大埴輪の出土で知られるメスり山古墳★ 所在地:桜井市大字高田小字メスリ他。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/16 08:52
エンドウ山古墳  (えんどうやま)【更新版】
エンドウ山古墳  (えんどうやま)【更新版】 ★所在地:桜井市倉橋字吉ヶ谷 ★墳丘:赤坂天王山古墳の西南方、南東に向かって突出する標高160m前後の尾根上に造られた円墳(径10m前後、高さ約2.5m)南に開口 ★埋葬施設:花崗岩切石の両袖式横穴式石室(全長4.67m、羨道部長さ1.8m、幅1.05m、高さ1.2m、玄室部長さ2.72m、幅約1.6m、高さ約1.65m)玄室部は2段積みで天井部は2石で構成され石材の隙間に漆喰あり。羨道部は1段積みで天井石は現況1石であるが開口部付近に落下している石材を含め2石あったと思われる。森浩一氏は「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/29 21:32
こうぜ古墳1号墳(西石室) 【更新版】
こうぜ古墳1号墳(西石室) 【更新版】 ★所在地:桜井市浅古字こうぜ ★墳丘:前方後円墳?前方後円墳の場合全長50m、南西に開口。          「桜井の横穴式石室を訪ねて」より ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/25 19:57
こうぜ古墳1号墳(東石室) 【更新版】
こうぜ古墳1号墳(東石室) 【更新版】 ★所在地:桜井市浅古字こうぜ ★墳丘:前方後円墳?(前方後円墳の場合、全長は50mとなり東石室は前方部に位置する)南東に開口。 (桜井の横穴式石室より) ★石室:両袖式横穴式(全長9.9m)玄室長4.7m、幅2.3〜2.5m、高さは現況2.5m(本来は3m以上)、羨道長5.2m、幅1.4m前後、高さ約0.8mで石積みは奥壁3段、側壁4〜5段 (桜井の横穴式石室より) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/24 06:39
コロコロ山古墳  (ころころやま)【更新版】
コロコロ山古墳  (ころころやま)【更新版】 ★所在地:桜井市阿部字児石 ★墳丘:方墳(1辺約30m)で墳丘の中央にある横穴式の主体部の他、東側にも小規模な横穴式石室を持つ。        ★石室:(中央石室)両袖式横穴式石室(全長11m)玄室長5.35m、幅2.3m〜2.5m、羨道長5.65m、幅1.45〜1.8mで玄室部の床面は2層見られ追葬が行われた事がわかる。( 初葬時は扁平な石材の敷石が施されていた)又羨道部分には素掘りの排水口が設けられ羨道には礫積みの閉塞石も確認されている。 (東石室)無袖式横穴式石室。(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/22 11:15
兜塚古墳  (かぶとづか) 【更新版】
兜塚古墳  (かぶとづか) 【更新版】 数少ない阿蘇ピンク石石棺の兜塚古墳 ★所在地:桜井市浅古兜塚 ★墳丘:北西の方向にのびる丘陵の先端部に築かれた前方後円墳で前方部を西に向ける。(全長50m)後円部径28m、前方部幅25m。茸石らしい小礫や円筒埴輪の破片あり。 ★石室:後円部頂中央より東に偏った場所にある。小型の河原石を用いた一種の磚積状。推定石室規模は長さ約3.7m、幅1.4m、床面に粘土を敷きつめ、その上に石棺を安置。 ★棺:刳抜式家型石棺(阿蘇ピンク石)石棺は長さ約2.1m、幅、高さともに約1m。石棺は、カマボコ形に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/02 21:27
徳利塚古墳 (とっくりづか) 【更新版】
徳利塚古墳 (とっくりづか) 【更新版】 石棺石材は片麻状黒雲母花崗岩という珍しい石材の徳利塚古墳★所在地:桜井市高田 ★墳丘:円墳又は方墳(南北15〜20m、東西6m)         ★石室:南に開口する両袖式横穴式(全長6m)玄室長3.7m、幅1.9m、高さ2.2m、羨道検出長2.3m、幅1.5m、高さ1.8mで玄室部が2段積み、羨道部が1段積みで新しい要素が伺える。 ★棺:近江系花崗岩の刳抜式石棺(全長2.5m、幅1.34m、高さ1.15mの身の部分のみ残存)で石室規模に比べて大きな石棺と言えよう。  ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/27 17:40
崇峻天皇陵  (すしゅん)
崇峻天皇陵  (すしゅん) ★所在地:桜井市倉橋 ★墳丘:古墳では無い可能性大。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:全く見つかっていない。 ★築造年代:不明 ★調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/27 20:31
高家・春日神社境内古墳  (たいえ・かすがじんじゃけいだい)
高家・春日神社境内古墳  (たいえ・かすがじんじゃけいだい) ★所在地:桜井市高家 ★墳丘:高家の氏神、標高300mの尾根端にある春日神社(高田神社)拝殿の東南に位置する。外形は不明 ★埋葬施設:片袖式横穴式石室で石室内に土砂が入り込み詳細はわからないが露出する石室外容による推定では玄室長は約3.5m、幅約2m、羨道部は長さ約5m、幅約1.5m、高さ約1m。 南に開口している。 ★出土遺物:不明  ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/12 00:04
大伴皇女墓 (おおとものひめみこ) 更新版
大伴皇女墓 (おおとものひめみこ) 更新版 ★所在地:桜井市忍阪  ★墳丘:外鎌山の南斜面上にあり円墳と思われる。  ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明  ★築造年代:7世紀??(三方山囲みの南面する地勢にある事から終末期古墳の可能性がある) ★発掘調査:未 ★被葬者:欽明天皇の皇女である大伴皇女と比定されている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/05 18:21
赤坂天王山X号墳 (仮称)(あかさかてんのうざんX号墳)
赤坂天王山X号墳 (仮称)(あかさかてんのうざんX号墳) ★所在地:桜井市倉橋字赤坂 ★墳丘:円墳?(径約8m、高さ約2.5m)西に開口している。 ★石室:両袖式?横穴式。現存長で全長は約3.9m、開口部の幅が約60cm、高さは25cmである(玄室部で幅は1m程度高さは50p前後程度はありそう) ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/01 20:06
粟原森貝古墳群  (おおばらもりがい)
粟原森貝古墳群  (おおばらもりがい) ★ 所在地:桜井市粟原字森貝など 遺跡地図15A158〜163に相当 中女寄(なかみより)から岩坂に抜ける里道の山頂付近にある古墳群で県遺跡番号の15−Aページの158〜163に相当する。いずれも南側の斜面を削り平坦面を作り墳丘を築いている。6基で構成されているが周辺には石材が散乱しており実際はもっとあったのかもしれない。築造は7世紀前半以降と思われ横穴式石室の規模自体は小さい。 ●2号墳(遺跡番号15A-161)・・・以前は直径約10m、高さ約2mの円墳とみられていたが掘割の形... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/24 10:34
カタハラ古墳群  (かたはら)
カタハラ古墳群  (かたはら) ★ 所在地:桜井市倉橋出屋敷字カタハラ 特徴 1999年に市の一般廃棄物最終処分場整備に関わる発掘調査が実施されて内容が明らかになった古墳群である。音羽山から北西に延びる小規模な尾根上にある。(この古墳群の西側の同一尾根上に有名な赤坂天王山古墳がある。)6基の古墳のほか多数の土坑墓群が存在。この古墳群で特筆すべきは1号墳が窮窿式(きゅうりゅうしき)とよばれる極めて珍しい石室で被葬者は渡来系集団とのかかわりがあったものと思われている。調査は1〜3号墳で4〜6号墳は未調査。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/23 12:07
舞谷2号墳 (まいたに)
舞谷2号墳 (まいたに) 綺麗になった舞谷2号墳★所在地:桜井市浅古 ★墳丘:方墳(東西10.6m、南北9m)高さ約2.5m。南に開口している。 ★石室:横穴式の磚槨墳(全長4.1m)玄室長2.4m、幅1.3m、高1.6m、室生安山岩(榛原石)羨道部は半壊。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀前半〜中頃 ★発掘調査:測量調査のみ(1号、2号、5号墳は測量調査のみ、3号、4号墳は発掘調査済) ★被葬者:? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/12 19:52
箸墓古墳  (はしはか)
箸墓古墳  (はしはか) 改定追記版★ 所在地:桜井市箸中  ★墳丘:前方後円墳(全長276m、前方部幅132m、高さ17m、後円部径156m、高さ26m)葺石あり。埴輪は後円部墳頂やその周辺から吉備地方の都月型と同型式の特殊壺形埴輪と特殊器台型埴輪が採集されている(1976年)又、前方部頂上部やその付近からは底部に穴の空いた複合口縁の壺形土器が採集されている。墳丘は前方部3段(4段の可能性もあり)、後円部5段。1992年前方部南側の調査の結果この古墳は大半の封土を盛土した可能性が高いことが判明している。又、古墳の周囲... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/06/11 11:46
赤尾熊ヶ谷古墳群  (あかおくまがたに)
赤尾熊ヶ谷古墳群  (あかおくまがたに) ★ 所在地:桜井市赤尾 ★概要:鳥見山から北西に派生する尾根上に形成された古墳群。宅地造成に伴い新たに発見された3基を含め4基の古墳が調査されたが鳥見山山麓には未だ多くの未発見の古墳が存在するものと思われる。 ★発掘調査:2002年9月〜12月(桜井市教育委員会) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/09 20:23
八坂神社境内古墳 (やさかじんじゃけいだい)
八坂神社境内古墳 (やさかじんじゃけいだい) ★所在地:桜井市浅古字天皇 ★墳丘:円墳?(径約15m、高さ約2m) ★埋葬施設:横穴式石室 ★出土遺物:不明 ★築造年代:5世紀末〜6世紀 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/01 11:49
池ノ内古墳群  (いけのうち)
池ノ内古墳群  (いけのうち) ★ 所在地:桜井市池ノ内 ★概要:桜井市の西南部に位置する古墳群で1970年県立農業大学校の建設に先立ち橿原考古学研究所で調査された。小規模な古墳群であるが鏡、勾玉、管玉、石釧、琴形石製品、鏃形石製品、鉄製武器類など豊富な出土品があった。これらの出土品から4世紀末〜5世紀にかけて築造された前期古墳的な性格を持つ古墳群として当時、前方後円墳を作るまでには至らなかったものの中央政権に君臨した豪族層の墳墓群の可能性が考えられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/24 11:53
小立古墳 (こだち)
小立古墳 (こだち) ★ 所在地:桜井市山田字小立 ★墳丘:前方後円墳(帆立貝式)、全長34.7m、後円径27m、前方部長9m、前方部幅15.5m、周壕幅6m。葺石あり ★埋葬施設:後円部2段目の途中から上は削平を受けている出土遺物:円筒埴輪77点、形象埴輪(鶏形、家形、舟形、盾形、蓋形、冑形、草摺形、短甲方、靫形、木製埴輪(石見形13点、靫形2点、盾形2点、太刀形1点) ★築造年代:5世紀前半頃(出土遺物より) ★発掘調査:2000年(桜井市教育委員会) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/03/03 10:24
岩坂 式シ山古墳  (いわさかしきしやま)
岩坂 式シ山古墳  (いわさかしきしやま) ★所在地:桜井市岩坂 ★墳丘:円墳(経約10〜15m、高さ約2m) ★埋葬施設:両袖式横穴式石室(玄室長約4.1m、幅約1.7m、現状高さ、約1.8m、現存の羨道長約2m、幅約1.1m、現高さ約1.9m)南東に開口。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀後半〜7世紀初め ★発掘調査:未 ★被葬者:不明(初瀬川の支流である狛川の両岸には初瀬谷に向けて規模は大きくないものの横穴式石室を持つ古墳が散在しており被葬者は初瀬谷のどこかに居住地を持つ有力者の奥津城と思われる) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/15 18:45
岩坂 大芝古墳群  (いわさか おおしば)
岩坂 大芝古墳群  (いわさか おおしば) ★所在地:桜井市岩坂 ★墳丘:円墳(経13m、高さ約3m) ★埋葬施設:横穴式石室(玄室長約4m、幅約1.7m、現状高さ、約2m、現存の羨道長約3m)東南に開口。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明(初瀬川の支流である狛川の両岸には初瀬谷に向けて規模は大きくないものの横穴式石室を持つ古墳が散在しており被葬者は初瀬谷のどこかに居住地を持つ有力者の奥津城と思われる) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/05 17:29
狛 大石古墳  (こま おおいし)
狛 大石古墳  (こま おおいし) ★所在地:桜井市狛 ★墳丘:不明 ★埋葬施設:横穴式石室で玄室の一部のみ残存。(現存幅約1.5m、現存高約1.5m)ほぼ南向きに開口。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明(初瀬川の支流である狛川の両岸には初瀬谷に向けて規模は大きくないものの横穴式石室を持つ古墳が散在しており被葬者は初瀬谷のどこかに居住地を持つ有力者の奥津城と思われる) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/01 17:09
ツゾロ塚古墳 (つぞろづか)
ツゾロ塚古墳 (つぞろづか) ★所在地:桜井市箸中 ★墳丘:円墳(径30m、高さは約2.5m前後か)前方後円墳の可能性がある。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/29 18:27
箸中稲荷山古墳 (はしなかいなりやま)
箸中稲荷山古墳 (はしなかいなりやま) ★所在地:桜井市芝 ★墳丘:円墳(径約10m、高さ約3m) ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未 ★被葬者:?                           ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/26 10:59
堂ノ後古墳 (どうのうしろ)
堂ノ後古墳 (どうのうしろ) 【2009年改訂版】★所在地:桜井市箸中 ★墳丘:前方後円墳(現状は径約35mの円墳状)周濠あり。 ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:周濠部より円筒埴輪片、鶏形埴輪頭部、須恵器のはそう ★築造年代:5世紀後半 ★発掘調査:範囲確認調査(2009年) ★被葬者:不明 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/11 12:22
茶ノ木塚古墳 (ちゃのきづか)
茶ノ木塚古墳 (ちゃのきづか) ★所在地:桜井市箸中宇茶ノ木塚 ★墳丘:円墳?(現状は円墳状で径20m、高さ1.4〜1.7m) ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未調査(2003年天理大学歴史研究会で測量調査のみ) ★被葬者:?              ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/20 12:00
高家古墳群 (たいえ)
高家古墳群 (たいえ) ★ 所在地:桜井市高家 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/24 18:39
風呂坊古墳群 (ふろぼう)
風呂坊古墳群 (ふろぼう) ★ 所在地:桜井市阿部 特徴 風呂坊古墳群は桜井市街の南に位置する安部山丘陵の東南に張り出した屋根上に位置した古墳群で5基有り1〜3号墳は1958年の県営住宅建設に伴う整地作業中に見つかりましたが発見時点で既に大半が削平され6世紀後半以降に造られた横穴式石室と思われますが墳形、規模は不明です。3号墳の背後に位置した4号墳、5号墳は宅地造成に伴い2008年に発掘調査が行われいずれも径15〜20mの円墳で右片袖式の横穴式石室ですがかなり破壊されていました。古墳群の特徴としては4号墳でミニチュア炊... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/17 22:15
艸墓古墳 (くさはか) 国史跡
艸墓古墳 (くさはか) 国史跡 ★所在地:桜井市谷 ★墳丘:長方形墳(南北28m、東西22m、高さ8m)東南に開口。墳丘斜面に玉石の露出箇所あり葺石の可能性も。 ★石室:花崗岩を用いた両袖式横穴式(全長13.2m)玄室長4.4m、幅2.7m、高さ2m、羨道長8.8m、玄門幅1.9m、高さ約1.5m。玄室の側壁と天井石の間隙に漆喰が残っている。 ★棺:竜山石製の刳抜式家型石棺(6個の縄掛突起を持つ) ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀前半 ★発掘調査:なし ★被葬者:? ☆奈良検定テキスト掲載古墳 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/05 13:51
慶雲寺裏古墳 (けいうんじうら)
慶雲寺裏古墳 (けいうんじうら) ★ 所在地:桜井市箸中★墳丘:円墳と思われる。南面に開口。 ★石室:両袖式横穴式(長さ3m、幅1.8m、高さ2m)羨道部は殆ど破壊されている。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代後期? ★発掘調査:未 ★被葬者:不明              見学記おすすめ度    ホケノ山古墳のそばの慶運寺というお寺の本堂の裏にある小型の後期古墳です。(若干場所が判り難いかもしれません。下の添付写真を参考に本堂の建物沿いの細い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/21 13:31
弁天社古墳 (べんてんしゃ)
弁天社古墳 (べんてんしゃ) ★所在地:桜井市茅原 ★墳丘:不明 ★石室:両袖式横穴式(全長不明) ★棺:2棺 ? (玄室部)石棺の一部が残存 (羨道部)刳抜式凝灰岩製家型石棺1棺 ★出土遺物:不明 ★築造年代:古墳時代後期 ★発掘調査:未 ★被葬者:? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/18 18:05
茅原狐塚古墳 (ちはらきつねずか)
茅原狐塚古墳 (ちはらきつねずか) ★所在地:桜井市茅原 ★墳丘:方墳(一辺50m?) ★石室:巨大な花崗岩の乱石積みの両袖式横穴式である。(全長17.33m)玄室長6m、幅2.6m、高3.2m。羨道長11.3m、幅2.1m、高さ1.9m。排水施設がある模様(但し玄室部は未確認) ★棺:玄室に3棺、羨道部にも木棺があった模様。 (玄室奥壁)凝灰岩製組合式家型石棺があり底石は原位置にあるが四方の側石は倒れ2枚の蓋石がその上に乗っている。蓋石は2枚で構成されそれぞれ2対の縄掛突起を持つ。 (玄室中央)蓋石が無いが玄室奥壁の石... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/17 00:13
北口塚古墳 (きたぐちづか)
北口塚古墳 (きたぐちづか) ★所在地:桜井市箸中宇北口 ★墳丘:前方後円墳?(現状は円墳状で径25m、高さ2m前後) ★埋葬施設:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:不明 ★発掘調査:未調査 ★被葬者:?              (左)西側から見た墳丘(右)墳頂部は雑草だらけ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/08 11:01
巻野内石塚古墳 (まきのうちいしづか)
巻野内石塚古墳 (まきのうちいしづか) ★所在地:桜井市巻野内 ★墳丘:纒向型前方後円墳(全長60m、後円部径40m、前方部長20m) (現状は径40mの円墳状)前方部を北東に向ける。 ★出土遺物:不明 ★築造年代:3世紀? ★発掘調査:未(測量調査のみ) ★被葬者:不明 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/27 09:20
立子塚古墳 (たてこづか)
立子塚古墳 (たてこづか) 360★所在地:桜井市穴師宇立子 ★墳丘:円墳(径約20m、高さ約4m) ★石室:両袖式横穴式石室。全長?、玄室長4.8m、幅2.1m、現状高さ2.5m。羨道部は現状長約1m強のみ残存。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀後半 ★発掘調査:未 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/24 10:27
長瀬藪1号墳 (ながせやぶ)
長瀬藪1号墳 (ながせやぶ) ★所在地:桜井市高家 ★墳丘:方墳(一辺14m、高さ約4m) ★石室:全長10.9m、玄室長約6m、幅約2.45m、現状高さ2.4m。羨道部長4.9m、幅約1.37m、高さ約1m。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀後半代 ★発掘調査:1993〜1994年に高家古墳群として発掘調査されている。 ★被葬者:飛鳥、藤原京に隣接しており宮都にかかわる官人層か安部寺との関連から 阿部氏の奥津城か? ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/21 12:57
平野古墳 【桜井市】 (ひらの)
★所在地:桜井市高家 ★墳丘:円墳と思われる(径不明)説明板に「墳丘は水田に埋まって不明」とあるが意味不明。 ★埋葬施設:両袖式横穴式石室。南北に開口している。石室は全長9.3m、羨道部5.2m、幅1.6m、高さ1.7m、玄室部4.1m、幅2.6m、高さ2.5m。石敷あり。 ★出土遺物:杏菜、辻金具等馬具、金環、須恵器、土師器 ★築造年代:6世紀後半 ★発掘調査:調査済み ★被葬者:不明 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/15 19:23
東田大塚古墳 (ひがいだおおつか)
纒向古墳群を調査中の橿考研と桜井市教育委員会は2009年3月5日、古墳3基(矢塚、勝山、東田大塚)の墳丘の規模と形状がほぼ明らかになったと発表した。今回新たに判明した東田大塚古墳関連の発表事項は赤字で記す。★ 所在地:桜井市東田  ★墳丘:前方後円墳(全長120m)前方部長50m、後円部径70m前後、前方部を南西に向ける。周濠は前方部では検出されず後円部のみ痕跡あり(幅21m、深さ1.3m)尚、墳丘は全て盛土で葺石、埴輪はなし ★埋葬施設:未調査(墳丘周辺から芝山産の安山岩の板材が少量採... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/06 13:31
纒向勝山古墳 (まきむくかつやま) 
纒向古墳群を調査中の橿考研と桜井市教育委員会は2009年3月5日、古墳3基(矢塚、勝山、東田大塚)の墳丘の規模と形状がほぼ明らかになったと発表した。今回新たに判明した勝山古墳関連の発表事項は赤字で記す。 ★所在地:桜井市東田  ★墳丘:前方後円墳(全長115m)、後円部径67m、前方部が東面する前方後円墳。周濠あり(後円部周濠幅20m、くびれ部29m、前方部25mで緩やかな鍵穴形)葺石、埴輪はなし ★埋葬施設:未調査 ★出土遺物: 北側くびれ部付近の周濠埋土中からは多数の木製品が出土... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/06 13:22
纒向矢塚古墳 (まきむくやづか) 
纒向古墳群を調査中の橿考研と桜井市教育委員会は2009年3月5日、古墳3基(矢塚、勝山、東田大塚)の墳丘の規模と形状がほぼ明らかになったと発表した。今回新たに判明した矢塚古墳関連の発表事項は赤字で記す。 ★ 所在地:桜井市東田   ★墳丘:纒向型前方後円墳(全長96mで後円部はやや東西に長い楕円形、前方部34m、後円部径62mで周濠は後円部のみ(地形に合わせて前方部に向かう途中で途切れ後円部南側では堀削直後にブロック状の盛土が築かれていた。)埴輪、葺石はなし。 ★埋葬施設:未調査(墳頂... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/06 13:20
ムネサカ2号墳 (むねさか2ごう)
★墳丘:円墳(径23m)南に開口。 ★石室:両袖式横穴式(全長10m弱?) ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀? ★発掘調査:なし ★被葬者:? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/06 12:09
赤坂天王山3号墳 (あかさかてんのうざん3号墳)
★所在地:桜井市倉橋字赤坂 ★墳丘:円墳(径11.2m、高さ約4.5m)二段築成、南に開口している。径が11.2mと書かれている資料が多いが実際もっと大きいと思う(少なくとも15m前後は・・) ★石室:両袖式横穴式(全長10.3m?)玄室長4.3m、幅2.5m、現状高約2.6m, 羨道長6m、幅1.7m。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀末〜7世紀初頭 ★発掘調査:1938年に梅原末治博士が報告書出されてるようだが詳細不明。 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/03 17:42
赤坂天王山2号墳 (あかさかてんのうざん2号墳)
★所在地:桜井市倉橋字赤坂 ★墳丘:方墳?(1辺約19m)南に開口している。 ★石室:片袖式横穴式(全長9.3m?)玄室長4.4m、幅1.8m、現状高1.5m, 羨道長4.9m、幅1.7m。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀末〜7世紀初頭 ★発掘調査:1938年に梅原末治博士が報告書出されてるようだが詳細不明。 ★被葬者:不明 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 09:03
花山東塚古墳 (はなやまひがしづか)
★所在地:桜井市粟原字小谷 ★墳丘:尾根の南斜面を削り平坦面を造り南に開口部を持つ円墳(径17m,高さ3.5m)を築造している。 ★石室:横穴式の磚槨墳で羨道部は既に破壊されているがレンガ状に加工した榛原石を漆喰で塗り固めながら幾分、内傾させながら積上げている。(現状見えているだけで16段以上)天井石は花崗岩を4石架構している。 玄室長3.1m、幅1.7m、高さ1.9m(現況1.2m程度) ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀の中葉から後半? ★発掘調査:未 ★被葬... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/01 06:33
花山西塚古墳 (はなやまにしづか)国史跡
我が国を代表する磚槨式古墳・国史跡花山西塚古墳 ★所在地:桜井市粟原字小谷 ★墳丘:尾根の南斜面を削り平坦面を造り南南東に開口部を持つ円墳(径約16m)と思われるが封土の大半を失い確定出来ない。 ★石室:レンガ状に加工した榛原石を漆喰で固め積み上げた横口式石槨墳(全長8.2m)玄室長2.2m、幅1.4m、高さ1.6m、奥室長2m、幅0.7m、高さ0.9m、羨道長4m、幅1.1m、現存高1.4mを測る。 ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀の中葉から後半? ★発掘調... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/31 20:02
竜谷古墳群 (りゅうたに)
★ 所在地:桜井市竜谷  外鎌山の斜面に位置した古墳群で、団地造成に伴い発掘調査された。竜谷古墳群は、12基の古墳が調査された。いずれも径10〜15m程度の小円墳で、埋葬施設は木棺直葬と小型の横穴式石室に木棺を埋葬したものもある。2号・12号墳は木棺を合葬し、7号・8号はやや大型の石室であった。出土の遺物は銑鏃・銑刀・刀子・馬具・金環・玉類・須恵器・土師器などであるが、8号墳からは水晶製の三輪玉一点も検出されている。6世紀前半から後半にかけての群形成と考えられている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/30 19:10
珠城山古墳群 (たまきやま)国史跡
★ 所在地:桜井市穴師  穴師(あなし)集落の小さな屋根上に位置する3基の前方後円墳。築造時期はいずれも古墳時代後期(6世紀)とおもわれ2号墳→1号墳→3号墳の順に築かれている。現在3号墳は前方部の一部を除き土取りにより消滅しているが1号墳の横穴式石室及び1・2号墳の墳丘は自由に見学が出来る。発掘は1955年から5回にわたり調査され馬具をはじめ豪華な副葬品が出土した事で知られている。 【1号墳】全長50m、前方部を東に向ける。後円部に南に開口する4.7mの横穴式石室で組合せ式の凝灰岩製石棺が... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/30 13:08
文殊院東古墳 (もんじゅいんひがし)県史跡
★所在地:桜井市阿部 ★墳丘:不明(円墳or方墳)墳丘規模?。南南西に開口。 ★石室:両袖式横穴式(全長13m)玄室長4.7m、幅2.3〜2.7m、高さ2.6m、羨道長8.3m、幅1.8〜2m、高さ1.5m ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀前半 ★発掘調査:なし ★被葬者:?安倍氏一族の墳墓の可能性も・・ ☆奈良検定テキスト掲載古墳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 06:35
文殊院西古墳 (もんじゅいんにし) 国特別史跡
大和を代表する終末期古墳★所在地:桜井市阿部 ★墳丘:不明(円墳又は方墳)本来は30m前後の墳丘規模と思われる。南に開口。 ★石室:両袖式横穴式(全長12.4m)玄室長5.1m、幅2.9m、高さ2.7m、羨道長7.3m、幅2.3m、高さ1.8m ★棺:不明 ★出土遺物:不明 ★築造年代:7世紀中頃 ★発掘調査:なし ★被葬者:阿倍倉梯麻呂の墓説が有力 ☆奈良検定テキスト掲載古墳 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/27 08:19
ムネサカ古墳 (むねさか)県史跡
★所在地:桜井市粟原 県史跡 ★墳丘:円墳(径45m、高さ8m)南に開口。2段築成。埴輪はなし、茸石状の石材あり ★石室:両袖式横穴式(全長16.6m)玄室長約4.6m、高さ約2.4m、幅約2.7m、羨道長約12m、羨道部の幅は玄門付近で約1.9mであるが入口に行くにしたがって拡がっている。高さは約1.4m。 ★棺:凝灰岩製石棺?(敷石の間隙から凝灰岩の破片が発見されている事より) ★出土遺物:? ★築造年代:7世紀前葉〜中葉 ★発掘調査:なし ★被葬者:?(粟原寺創立の中臣氏との関連... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/05/26 18:45
纒向石塚古墳 (まきむくいしづか) 国史跡
最古の古墳か?纒向石塚古墳★ 所在地:桜井市太田   ★墳丘:纒向型・前方後円墳(全長96m)前方部長32m、後円部径64m、本来は後円部3段、前方部には段築なしで馬蹄形の周濠がめぐる。埴輪、葺石はなし ★埋葬施設:残存せず ★出土遺物:弧紋円盤,朱塗の鶏形木製品 、木製鋤 、木製鍬 、横槌 、水槽、建築部材等の木製品 、土師器 ★築造年代:3世紀初頭〜中頃 ★発掘調査:1971年から数次 ★被葬者:纏向遺跡を残した首長。 ☆奈良検定テキスト掲載古墳(纒向古墳群として) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/24 08:22
ホケノ山古墳 (ほけのやま) 国史跡
石囲い木槨で有名なホケノ山古墳 ★ 所在地:桜井市箸中 ★墳丘:前方後円墳(全長約80m、前方部長約20m、高さ3.5m、後円部3段築成で径約60m、高さ8.5m )前方部を南東に向け後円部側に周濠状遺構が巡っている。葺石あり、埴輪なし。 ★埋葬施設:後円部中央に石囲い木槨に長さ5mの刳抜式木棺 。この他、以下の通り追葬時の埋葬施設あり。 ・後円部の主体部西側に6世紀末頃の横穴式石室あり。(全長14m以上で組合式石棺。) ・前方部東斜面にも木棺直葬の埋葬施設あり. ★出土遺物:二重口... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/22 21:57

トップへ | みんなの「桜井市」ブログ

大和の古墳探索 桜井市のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる