大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 小川塚東古墳

<<   作成日時 : 2017/03/23 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★ 所在地:桜井市箸中
★墳丘:小川塚東古墳は「大和古墳墓取調書」(1893年)では高一間五分(2.72m)根廻三十九間(71m)で当時から墳丘はかなり削平されている。2012年,桜井市教育委員会で測量調査が行われ、東西34m、南北19m、比高差2.5mと東西に長い不整形になっている。
墳形については2説あり、天理大学歴史研究会は2002〜2003年頃実施した測量調査と電気探査から径約34mの復元案を提示する。一方、寺沢薫氏と橋本輝彦氏は墳丘の南東残る道路に取り込まれた小さな高まりを前方部のくびれ部と考え全長約66mの前方後円墳の可能性を示唆する。
画像
(桜井市教育委員会。平成24年度国庫補助による発掘調査報告書より)

★埋葬施設:不明
★遺物:不明
★築造年代:当古墳は纏向川の扇状地に立地し、今も地形から過去の流路を復元でき、古墳は流路が埋没した後に築かれており、この古墳から東230mで行われた纏向遺跡136次調査で、この流路は出土した土器から布留0式期に埋没したことが分かっており、築造時期は布留0式を下るものと考えられている。
★調査:2002〜2003年天理大学歴史研究会(測量・電気探査)、2012年桜井市教育委員会(測量調査)
★被葬者:不明

【見学記】 おすすめ度
小川塚西古墳のすぐ東側にある古墳で周辺にはさまざまの古墳がありますが、ホケノ山古墳を除きほとんど未調査で、その実態は不明です。従って見応えという面では物足りないかと思いますが、遺跡地図持参で、周囲に広がる大小さまざまの古墳を探してみるのも、いいでしょう

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小川塚東古墳 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる