大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 慶運寺裏円墳 (けいうんじうらえんぷん)

<<   作成日時 : 2014/05/13 13:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★所在地:桜井市箸中宇北垣内
★墳丘:円墳(径約12m、現状高さ3m前後)
★埋葬施設:横穴式石室と思われる
★出土遺物:不明(奈良県遺跡地図に遺物として縄文、石器、サヌカイト、骨蔵器が出土したかのように記載されているが、おかしいので大三輪町史を調べてみると「このあたりには、中世の骨壺や縄文式土器、石器、サヌカイトなどが散乱している」とあり、この古墳から出土したというわけではなさそうだ。
★築造年代:後期以降の古墳と思われる。
★発掘調査:未調査
★被葬者:?
            
画像画像


見学記 おすすめ度 
よく知られる慶運寺裏古墳のすぐ北西にあり現状、墓地に取り込まれています。奈良県遺跡地図では11D-0507に該当する径約12mの円墳で、よく見ると墳丘の南側に天井石の一部と思われる石材が見えます。境内にある石棺仏の説明板に「慶運寺周辺にはかって6基前後の後期古墳が存在していたようである」とあり、この古墳もその候補の一つですが規模的には小さすぎる感じがします。見学は自由にできますが特に見所はありませんので箸墓古墳やホケノ山古墳とセットで見られるのがいいかと思います。

慶運寺裏古墳
http://74589594.at.webry.info/200905/article_13.html
【参考】
・大三輪町史(昭和34年)
・奈良県遺跡地図

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
慶運寺裏(の裏あたり…)の天井石?露出、大和の古墳探索様も、やはり気づかれましたか。木竹を伐採しましたら、目立ちますね(^0^)/。
drg
2014/05/25 19:38
drgさん

これが古墳と言うのは知っていたのですが・・・まさか石材が見えるとは
知りませんでした。そういえば前はもっと雑木あったかな?いずれにせよ
少し石が見えただけでもうれしくなりますよね。
とし坊
2014/05/27 17:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
慶運寺裏円墳 (けいうんじうらえんぷん) 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる