大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷首古墳(たにくび)  県史跡 

<<   作成日時 : 2013/12/12 08:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

★所在地:桜井市阿部字谷汲
★墳丘:方墳(一辺約40m、高さ8.2m)現状は南北41m、東西38mで南に開口。葺石、埴輪はなし。墳頂に八幡神社の社殿がある為、西側はかなり変形している     
★石室:両袖式横穴式(全長13.8m)玄室長6m、幅2.8m、高さ4m、羨道長7.8m、玄門部での幅約1.7m、高さ約1.74m。奥壁は1石の2段積み、両側壁は3段で下から各段3石、3石、2石を積み羨道部は1石の1段である。
★棺:石室内より凝灰岩の破片出土した事より、かって家型石棺が存在したらしい。
★出土遺物:?
★築造年代:7世紀初頭〜前半
★発掘調査:なし
★被葬者:阿倍氏の墳墓と考えられている。☆奈良検定テキスト掲載古墳。

阿部丘陵の中では最大規模を誇り中世には墳丘が砦として利用され現在は八幡神社が古墳の上に鎮座する。石室の企画性は石舞台古墳とよく似ている。

画像画像

画像画像

画像画像
             

見学記 おすすめ度
20年ほど前は小さな谷あいにあった古墳ですが現在、周囲は完全に宅地化され車で古墳に横付け出来ます。他府県から車でお越しの方は安倍文殊院にお越しの際は是非、合わせての見学がお勧めです。住宅地にある古墳だけに古墳につきもののカマドウマやコウモリもいないので初心者にも、うってつけの古墳かも知れません。知名度は低いですがなかなか立派な古墳で石棺でも残っていれば赤坂天王山古墳並みに注目されてもいい古墳です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
谷首古墳(たにくび)  県史跡  大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる