大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋殿南古墳  (あきどのみなみ)

<<   作成日時 : 2013/11/02 10:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


☆☆動画をアップしました☆☆
★所在地:桜井市浅古字秋殿
★墳丘:鳥見山南麓に派生する一尾根の先端部の南西斜面に築かれた方墳(一辺約24m、高さ約5m)
★石室:玄室の石積みは2段積み、羨道は1段積みで南に開口する両袖式横穴式,(全長11.2m) 玄室長4.5m、幅2.3m、高2.4m、 羨道幅1.7m、高1.4m
★棺:不明
★出土遺物:不明
★築造年代:7世紀前半
★発掘調査:測量調査のみ
★被葬者:?

特徴
石室構成が岩屋山式よりやや先行するものと考えられ飛鳥の塚本古墳、打上古墳と同一設計の可能性がある。

画像画像
画像画像
(左)開口部玄室を望む(右)玄室
画像画像
(左)玄室の前壁(右)羨道部から外を見る

見学案内 おすすめ度  
岩屋山式の古墳ですが本家の(笑)飛鳥の岩屋山古墳に先行する古墳と考えられています。桜井中学前の信号から5分程度で手軽に見学ができます。特に目立つ古墳ではありませんが、基本的に、巨石が使われておりそれなりに見応えはあります。季節によっては多少見つけ難いかもしれませんが説明板のすぐ右上に開口部があります。この古墳の周辺には、こうぜ古墳群、兜塚古墳、舞谷古墳群、メスリ山古墳等各時代のいろんなタイプの古墳があるのでセットで見学されるといいでしょう!

【参考文献】
・桜井の横穴式石室を訪ねて  (財)桜井市文化財教会
・桜井の横穴式石室        桜井市教育委員会
・桜井市史              桜井市         

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋殿南古墳  (あきどのみなみ) 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる