大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤坂天王山古墳(あかさかてんのうざん) 国史跡

<<   作成日時 : 2013/10/06 16:12   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 6

☆動画追加しました☆
★所在地:桜井市倉橋字赤坂
★墳丘:方墳(1辺約50m、,高さ9m)3段築成。南南東に開口している。
★石室:両袖式横穴式(全長15.2m)玄室長6.5m、幅3.1m、高4.2m, 羨道長8.7m、幅1.7m、高2m。玄室各壁は3段積み天井部は3石で構築され玄室の壁は全て持送されている。
★棺:二上山白石製凝灰岩,刳抜式家型石棺で6個の縄掛突起を持つ。長さ2.4m、幅1.7m、高さ1.2m
★出土遺物:不明 ★築造年代:6世紀末〜7世紀初め(石室の構造より) ★発掘調査:戦前にあるらしいが本格的な発掘ではないと思われる。★被葬者:崇峻天皇? ★奈良検定テキスト掲載古墳(テキストでは天王山古墳として記載されている)

特記事項
画像@明治年間(明治22年まで?)まで崇峻天皇倉梯岡上陵とされており築造時期及び倉橋地区で天皇陵に相応しい規模の古墳はこの赤坂天王山古墳(1号墳)をおいて無くこの古墳こそ崇峻天皇陵と考える考古学者は多い。左の古地図は明治年間に書かれたものであるが確かに赤坂天王山古墳が「崇峻帝御陵」になっている。宮内庁は天王山から西南約1.7キロの所とされているが古墳ではないとの見方も多く、学問的根拠にも乏しい

画像A石室構造が左の図でも分るように広陵町の牧野古墳と非常によく似ており、恐らく同じ石工集団が同じ設計図?に基づき作った可能性が考えられる。
牧野古墳はhttp://74589594.at.webry.info/200808/article_15.htmlを参照ください。

画像 B家型石棺の羨道側の盗掘孔の外面に四辺に深さ5cm程度の縁取りの切り込みがある。しかしその目的が不明で一説には四角い覆いの石をはめ込んであったのではないかと思われる。(※奈良検定テキストには切り込みは棺身小口部とあるが写真でも判るように蓋にも切り込みが入っている。)


画像画像


画像画像


画像画像


画像画像


画像画像


見学記   お薦め古墳
巨大横穴式石室、家型石棺、元天皇陵と三拍子揃った素晴らしい古墳で、この古墳に入らずして横穴式石室は語れない最高級の古墳です。この古墳の石室に入って古墳の魅力に取り付かれた方が沢山いらっしゃいますが自分もそんな中の一人です。この古墳は古くから盗掘され開口しています。開口部は土砂が入り込んでいるので狭くしゃがみ込んでやっと入れる感じですが真っ暗な羨道の緩やかな斜面を約8mほど石に頭を打たないように恐る恐る入って行くと徐々に広くなりやっと玄室に到着します。中はほんの僅かしか光が入ってこないので懐中電灯は必携です。長さ6.4m、幅3m、高さ4.2mの巨大な玄室の中央部には大きな家型石棺が横たわっています。まさに6世紀末の世界がここにあります!!怖いとかは不思議と思わせないロマンの香りが漂う素晴らしい石室です。

【参考文献】
・奈良県史
・桜井市史
・大和の古墳を語る 伊藤勇輔氏 
・飛鳥発掘物語 河上邦彦氏
・前方後円墳の終焉とその後  桜井埋蔵文化財C
・広陵町文化財保存Cの展示パネル

【行き先案内】
動画での案内はこちら




<写真での案内はこちら
画像
@案内板の横からあぜ道に入ります。ここから徒歩2分ぐらいです。

画像A写真の通り進みます。

画像B写真のように必ず左に曲がってください。(ちなみに右に行くと赤坂2号墳、3号墳がありますので時間があれば挑戦ください。すぐ見つかります、両方とも開口してますが、3号墳のみ石室内に入れます。)

画像Cこの道を登ると直ぐに古墳の開口部が見えてきます。

画像Dコレが赤坂天王山古墳(1号墳)です。最高の古墳です!!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
久しくこちらには出向いておりませんが、潜り込んで行く時のドキドキ感が画面から迫ってきますね!
モノクロだからか、迫力があります。
いやぁ〜凄い‼︎

また行きたいです。
動画をアップしていただいて、本当にありがとうございます。
ネプ
2013/10/06 21:08
ネプさん
ほめていただきありがとうございます。ご存じのように石室内は暗黒の世界なので明るめの懐中電灯を用意して取りに行ったのですが部分的にしか見えず試行錯誤して結局ビデオ用のLEDライトを持ってたのを思い出して翌日に再挑戦したのがこの画像です。左手にライト、右手にビデオカメラを持ちながら匍匐前進(笑)計5回入りました。(フー!)でもこのコメントいただき満足感でいっぱいです(笑)又、機会を見て他の古墳でも撮りたいと思っています。
とし坊
2013/10/07 06:18
こんにちは。はじめて拝見させていただきました。ビデオカメラを持ちながら匍匐前進、音にも臨場感が感じられ、そこにいるようで感激しました。ビデオ用のLEDライトで再挑戦されたとのこと。その熱意のおかげで、このような映像が見せて頂けるのがうれしいです。ほんとにありがとうございます。
yui
2014/01/22 14:33
yuiさん

メッセージありがとうございます。お返事今頃気が付き・・すみません
そう言っていただけるのは、古墳冥利に尽きます(笑)ありがとうございます!!

出来るだけ入れる古墳については逐次ビデオに入れ替えたいとおもっています。
又みてくださいね!
とし坊
2014/01/27 21:31
始めまして、埼玉の古墳好きです。今週27日から3泊4日で明日香・桜井の古墳めぐりをしてきました。その参考資料にこちらのブログが大いに役立ち、感動の連続でした!古墳の内容から行き方までとても詳細で、大変素晴らしいですね。
特にこの天王山古墳に辿り着き、石室内に入った時の感動は今までで最高でした!半ば付き合いで同行している夫も「スゴイ!サイコー!!」と大喜び、偶々此処で居合わせた古墳めぐりの方と3人で喜びを分かち合いました。ありがとうございました。
とし坊さんのお蔭で楽しい古墳探索が出来ました。
今回は小谷・沼山・丸山・菖蒲池・都塚・谷首・秋殿南・兜塚・メスリ・コロコロ山・文殊院西・艸墓山・茶臼山等、こちらのブログのお蔭で沢山良い古墳を見る事が出来ました。本当にありがとうございました!
enkyo
2014/05/31 13:13
enkyoさん
そう言ってもらえて、すごくうれしいです。そもそもこのブログを始め動機は、たまにしか見れない奈良県外の方に効率よく見ていただけたらと思い作ったので、お役に立てたようですごくうれしい気持ちでいっぱいです。 又、お越しくださいね!!
とし坊
2014/05/31 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤坂天王山古墳(あかさかてんのうざん) 国史跡 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる