大和の古墳探索

アクセスカウンタ

zoom RSS 長瀬藪1号墳 (ながせやぶ)

<<   作成日時 : 2009/04/21 12:57   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

★所在地:桜井市高家
★墳丘:方墳(一辺14m、高さ約4m)
★石室:全長10.9m、玄室長約6m、幅約2.45m、現状高さ2.4m。羨道部長4.9m、幅約1.37m、高さ約1m。
★棺:不明
★出土遺物:不明
★築造年代:6世紀後半代
★発掘調査:1993〜1994年に高家古墳群として発掘調査されている。
★被葬者:飛鳥、藤原京に隣接しており宮都にかかわる官人層か安部寺との関連から 阿部氏の奥津城か?

画像画像
(左)羨道部より玄室部を望む(右)結構大きい玄室

画像画像
(左)玄室より開口部を望む(右)羨道部もかなりの土砂が       

特徴
標高200mの高地の谷底に出来た米川(よねがわ)の扇状地で元々長瀬藪古墳群(約24基)として知られていたが土地区画整備事業で1993〜1994年の周囲一帯の調査で更に範囲が広がり、かつ埋没古墳が見つかったりし本来は100基を超える大群集墳と推定され高家古墳群と改称された。長瀬藪1号墳はその中で盟主墳といえる古墳で中小規模の古墳が多い中で際立って規模が大きい。

見学記おすすめ度  
前から名前だけは知っていたが場所がわからず行けなかった古墳。それらしき場所を転びながら懸命に探しまくるも見つからず。(古墳の石材と思われる大きな石は見つかるが・・)しかし助っ人現る!!ネットの古墳友達から親切な写真入りの行き先案内を頂戴。早速この写真を手がかりに再挑戦しあっさり発見!!後で思うに1回目の探索で直近を通っていた事が判明・・・早速石室INしょうとするも少し躊躇する。土砂が石室内にかなり入り込み羨道が狭そうなうえジメジメしており気持ちが悪い。蝙蝠もかなりいる予感!!しかし、ここは勇気を振り絞って突入!!予想通りの印象で辺り一面にカビ臭い匂いが漂う。玄室はかなり大きい。後で調べてみると桜井市では赤坂天王山1号墳(玄室長6.4m、玄室幅3m)狐塚古墳(玄室長6m、玄室幅2.6m)に次ぐ玄室長6m、玄室幅2.45mを誇る。土砂がなければもっと大きく見えると思うが現状でもなかなかのもの。玄室の石材はあまり持ち送りされていないので余計大きく見える。石室マニアだけにおススメする超気持ちの悪い古墳です。

行きかたにつきましては下記の行き先案内をご覧ください。

行先案内
画像
明日香村の八釣から桜井市の倉橋に通じる道の途中の高家(たいえ)という集落があり道端に六地蔵とその前に天井石のない平野古墳があります。そこを通り過ぎて道なりに沿って倉橋側(東北方向)に進むと米川にかかる橋があり更に100メートル前後進むと三叉路がありますので左側のガードレールのある安部寺跡に通じる農道を降りていくと坂の途中に高家古墳群の説明板が道の右側にあります。

画像

坂を降りきった左側に側道があるので矢印の方向に進みます。ここから約5分で到着です。(目指す長瀬藪1号墳は矢印の場所です)

画像

前方に小屋がありますので、とりあえず小屋を目標に前進です。(あと一息!!)

画像

途中に写真のような看板があります。

画像

写真の矢印の方向に進みます。もう、まもなくです。

画像

左手の熊笹の合間から古墳の説明板が見えてきます。(但し夏場はおそらく更に雑草が生い茂り無理と思われます)この説明板の奥にタイトル写真のような石室入口があります。
この地図はおよその位置を示したもので正確ではありません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ここの古墳……
中に入った時、ゾゾゾっと寒気を感じたのですがこんな風に感じたのは久しぶりでした。

赤坂天王山古墳とはまた違ったゾゾゾ感でした。

湿気がそう感じさせるのかも知れませんね。

大きな古墳がこんな所にあるなんて…と、ちょっと驚きでした。

桜井で3番目に大きいのですね。
覚えておきます。

しかし…
皆さんよ〜くご存知ですね。古墳のある所…

まだまだ勉強不足やなぁ…
ネプ
2009/04/27 21:59
同感です。なんか妙にゾクゾク感がありましたね。
(一人で行った時は正直、怖さもありました)(笑)
僕もマダマダ知らない古墳が一杯です。探すのが楽しみ!!
とし坊
2009/05/02 08:59
今日は自転車でこの古墳に行きました
雨だったので石室内で雨宿りすることに・・・
中にコウモリが2匹居て、ほっこりしました。

この古墳に行くあぜ道の途中の上にある畑の方にも、むき出しになった横穴式石室が放置されているのを見つけました。
石室内に笹が茂って中には入れませんが、周りにもそれと思しき物が点在していました。

途中のあぜ道のところが崩れていて、横は砂防ダムの崖なので落ちないように注意が必要です。
beretta
2014/03/18 12:46
berettaさん
コメントありがとうございます。石室内で雨宿りとは恐れ入りました。土砂が流れ込み結構圧迫感があるので僕は10分〜15分が限度です(笑)

周辺に横穴式石室があったとは!!古墳群なのであってもおかしくはないのですが、調査後に埋没したか破壊されたかと思ってました。貴重な情報ありがとうございます。
とし坊
2014/03/20 18:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長瀬藪1号墳 (ながせやぶ) 大和の古墳探索/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる